0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第101回 > 1

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

米国で活躍する日本人コミック・アーティスト ミサコ・ロックスさん

ミサコ・ロックスさん

本名:高嶋美沙子 コミック・アーティスト NY在住。
法政大学在学中に奨学金派遣留学で渡米。卒業後単身アメリカに渡り人形師、中学校の美術講師などを経て漫画家に転身。著書“Rock and Roll Love”がNY公立図書館ベスト・ティーンズ・ブックの1冊に選ばれる。雑誌“DFC”の連載作品Peach de Punch!がアジア向けの英語教科書に採用。明治書院から『こども英語塾』、メディカ出版の雑誌26誌にてナース漫画を連載と日本でも活動を始める。NHK、BBCのテレビドキュメンタリーに出演後、雑誌日経ウーマンのウーマン・オブ・ザ・イヤーの1人に選ばれる。全米各地で講演会やワークショップにも力を注ぎ、世界で活躍を広げる。初の大人女子向けのコミック・エッセイ『もうガイジンにしました』(ディスカヴァー21)を2013年に発売、好評を博す。 »  ミサコ・ロックスさん  公式サイトはこちら

高く掲げた目標に猪突猛進のミサゴジラ!

アメリカで唯一のジャパニーズ・コミック・アーティストとして活躍中です。今日はどうやってご自身の道を切り拓いて来られたかじっくりお聞かせください。アメリカに憧れたきっかけがマイケル・J・フォックスだったとか。

ハリウッド映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観て彼に初恋をしたのが11歳。マイケルの彼女になりたい!ただその一心で猛烈に英語を勉強するようになりました。何百回と彼の映画を観て、わざわざテレビ画面の字幕を隠して鑑賞するうちに、独学でリスニングが鍛えられました。当時1学年360人位いるマンモス中学校で成績は300番台…と後ろから数えたほうが早かったのですが、頭のいい友達に勉強法を教えてもらい、猛然と勉強を始めたらあっという間に学年20位に。そしていろいろ調べて日本の大学で奨学金をもらって留学派遣制度のある学校を探したら、法政大学があった。その法政大学へ指定校推薦のある高校をわざわざ選びました。もっと成績上位の高校へ行けると言われましたが、私は譲らなかった。そして高校時代は3年間ほぼ常に学年1位をキープして念願の法政大学へ進学しました。

意思が強い!マイケル・J・フォックスが火を付けたとはいえ、思いこんだら何とやら…ですごいエネルギー!10代から常に目標があったわけですね。

勝ち気で負けず嫌い。好きになると、とことんまっすぐ。もし失敗したらとか、ダメになった場合の代替案は…とか一切考えません。成功して自分がやり抜いたイメージだけ思い描いて、「私はできる!」とずっと自分自身のマインドコントロールをしてきました。高校時代は学校ではいい子の仮面を被って、気の強い部分をさらけ出すのは土日だけ。大学進学してからは素の自分で弾けていましたが、教員免許取得のため出身高に教育実習へ行ったら先生方全員に「高島って…こういう子だったっけ?」とビックリされました。「そうですよ。指定校推薦がほしくて猫被っていたんです!」と答えたら「ずる賢かったんだね~!」と(笑)。

勉強は目標達成のための手段とはいえ、努力するのが苦にならないのですね。小学生時代、習い事は何かされていましたか?

母から「勉強しなさい」と言われたことがない。むしろ勉強し過ぎで心配されたくらいです。「もうそのくらいにしておけば?」と言われても「まだまだ!」と勉強していましたから。習い事は好きなこと嫌なことがハッキリしていて、エレクトーンは幼稚園年長さん頃から高3まで10年以上続けていた一方で、運動面はサッパリ。親に行かされたスイミングスクールは頑として泳がずにプールサイドで座りっぱなしで動かずの半年間。
その他は、個人のお宅でやっている英語教室が近所にあって、そこへ通い英語がさらに好きになりました。アメリカ帰りの先生は発音の良さが素晴らしかった。学校では受験英語を教えるので全然違う世界。数学も個人の先生宅へ通って、教科書に基づいた復習メイン、予習少しで教えてもらっていました。畳とおまんじゅうの香りのするお家、今でも覚えています(笑)。大手受験塾は通ったことがなく、個人の先生に英語と数学だけ習っていました。

ご近所で習うと経済的にも親は助かりますよね。ミサコさんのそのキャラクターはいつ頃芽生えたのでしょう?

実は、小4時代にふとしたことがきっかけで女子のグループからハブられてしまってイジメを受けていたことが…そのおかげで強くなりました。家族に知られないようにふるまっていましたが、やがて父に知られ、いじめる相手が何かしてきたら「笑え。とにかく大声で笑え!」というんです。どうして?と思ったけれど、ある時本当にそれを実践することに……狂ったように「ワハハハハ!」と笑ったら、子どもながらに皆ビックリしたようです。だって突然笑い飛ばしたら気味が悪いでしょ?(笑)その日を境にイジメはなくなりました。5年生になるとクラス替えもあっていじめグループとは離れ、それからは気の強い女に変身し、正義感が強くて男子も泣かせて『ミサゴジラ』と呼ばれるようになりました。

小学生高学年の頃は「ミサゴジラ」と呼ばれ、男子を泣かせ怖れられていた?!

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

バルドラール浦安デフィオ監督兼選手 泉洋史さん

次回は、バルドラール浦安デフィオ監督兼選手の泉洋史さんが登場。デフィオは障がいの有無や種類に関係なく多様なメンバーが一丸となり一般リーグで本気で戦うフットサルチーム。聴こえないからこそできる。不自由だからこそ挑戦できる。監督兼選手として活動する泉さんにチームが目指す熱い思いを語って頂きました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21