0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第93回 > 1

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

日本舞踊界を担う若手ホープ日本舞踊家 花柳芳次郎さん

六代目 花柳 芳次郎 (はなやぎ よしじろう)さん

日本舞踊花柳流の宗家家元4世花柳壽輔の孫。2歳から日本舞踊を始め、4歳の時に国立文楽劇場で初舞台を踏む。以後歌舞伎座や国立劇場を初めとする舞台に立って日本舞踊の道を歩み続け、2007年6月27日に祖父・5代目花柳芳次郎(後の4世花柳壽輔)から花柳芳次郎の名跡を継ぎ、六代目花柳芳次郎(ろくだいめ はなやぎ よしじろう)を歌舞伎座で襲名。同年から現代劇やCMなどへも出演を初め、活動の幅を広げる。 日本舞踊を世界に広めるべく日々精進している。 »  六代目 花柳芳次郎さん 公式サイトはこちら

踊りの「間」を学ぶための習い事。

現役の大学3年生でいらっしゃるのですが、このお若さで花柳流次期お家元として指名されました。まったくご存知ない方に少しその辺の経緯をお知らせ頂けますか?

花柳流は日本舞踊最大流派です。昨年12月のことですが、祖父の4代目寿輔から花柳流をまとめる立場として『踊りをやっていく覚悟はあるのか』と聞かれ、次期家元の話をされました。祖父は82歳で僕と62歳も年齢差があります。私の父は小学生まで日本舞踊をやっていましたが、中学で辞めてしまいました。代々受け継ぐことが当たり前のようなこの世界で、何故そのような道へ?という疑問を持ったこともありましたが、踊りには表現をするという芸術的要素があります。不本意に敷かれたレールのまま道を歩むよりも、堂々と自分のやりたい方向へ進み、その切り開いた道で成功した父のことも尊敬しています。

芳次郎さんの場合、2歳から日本舞踊を習われていたと伺いましたが、そんなに小さな時代から?

2歳上に姉がおりまして、彼女も2歳から踊りを始めていました。私も2歳になっておそらく、自分だけ留守番するのが嫌で「踊りをやりたい!」と言ったのではないかと思います。小さな頃は特にきょうだいの真似ごとをしたくなるので、なんとなく姉のやっていることがしたかったのでしょう。その姉も東京芸術大学の音楽学部邦楽科 日本舞踊専攻を今年卒業し、二世花柳ツルとして日本舞踊を続けています。

ごきょうだいで素晴らしいですね。でも幼稚園、小学校と上がっていくにつれて何か違いを感じられたことはございましたか?

幼稚園では特に何もありませんでしたが、小学生になると放課後友達と遊べないなぁ…と気づくようになりました。僕にはほぼ毎日何かしら習い事があり時間がなかったのでしょうね。でも日本舞踊をすることが当たり前だと思っていたので、周りの皆もそう受けとめていたと思います。特に、やめようと思ったことも無くずっと今まできました。

踊ることが好きだからこそ…ですね。習い事は、何をされていらしたんですか?

日本舞踊は「間」が大切。その「間」を学ぶために三味線や長唄を習っていました。日本舞踊は生の演奏にあわせて踊るので、演奏する弾き手、唄い手の気持ちも知ることができればと。それから、体力作りのためにテニススクール、中学受験をするための進学塾へも通っていました。小5の頃、大阪や北海道などの公演で踊ることになって塾を休むことがあり、勉強に遅れをとってしまって……当初目指していた学校へは入れませんでしたが、進学した学校の方針が「目標を明確にし、それを現実に。」というのがモットーでしたので、私にとって日本舞踊と両立をすると言う面で、結果的に良かったのかもしれません。

2歳から踊りを始め、日本舞踊をやめたいと思ったことは一度もない。姉と共に。平成13年3月 柳寿会末広狩 女大名(国立大劇場)

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

バルドラール浦安デフィオ監督兼選手 泉洋史さん

次回は、バルドラール浦安デフィオ監督兼選手の泉洋史さんが登場。デフィオは障がいの有無や種類に関係なく多様なメンバーが一丸となり一般リーグで本気で戦うフットサルチーム。聴こえないからこそできる。不自由だからこそ挑戦できる。監督兼選手として活動する泉さんにチームが目指す熱い思いを語って頂きました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21