0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第45回 > 1

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん

増田こうすけ さん
漫画家

1999年、「月刊少年ジャンプ」(集英社)5月号掲載の『夢 -赤壁の戦い-』でデビュー。
「月刊少年ジャンプ」で『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』を連載開始。
「月刊少年ジャンプ」休刊に伴い、新雑誌「ジャンプスクエア」で大好評連載中。

お笑い好きでも人見知り。絵が大好きな少年時代

相当おもしろい作品なので、子ども時代の過ごし方がとても影響あるんじゃないかと思っています。増田さんはどんな子ども時代を送られて?

幼稚園時代の1枚。丁寧な色使いから絵が好きなことが伝わってくる。3歳頃まで愛知県で育ち、それから三重県に引っ越しました。子どもの頃は大人になりたくなくて、小学校の中学年で僕の身長が祖母の背を抜いた時とても悲しかった。昔から僕は体が大きかったんですね。2歳上に姉が一人いて、建築関係の仕事をしていた父が小4の頃に亡くなった。母が牛乳を扱う会社に勤めていたので、僕も牛乳配達を手伝っていました。子どもの頃から絵を描くのが好きでしたね。写生大会でよく入賞していました。

当時の絵をいくつか拝見しますと、とても丁寧に描かれていますしテイストは今描かれているマンガと通じています。いつ頃からマンガを描き始めたのですか?

マンガを描き始めたのは大学へ入ってからです。小さな頃から絵画コンクールで入賞していたので、自分は絵がうまいほうだと思っていましたが、漫画家になってこうも絵が描けないものかと(笑)。その落差が激しかった。子ども時代は主に漫画は読むばかり。ノートや教科書へ落書きはしていました。

男子の中では、おとなしいタイプだったんでしょうか?

おとなしかったんですが、仲の良い友達の前だとテンションが高かった。笑わしたり笑わさせられたり、ふざけるのが大好き。ところが仲良しの友達の中に学年が違う顔見知りくらいの子が一人でもいると静かになってしまうという(笑)。今でもそうですが、人見知りが激しいんです。

何か子ども時代に習い事をされていたことはありましたか?

愛知県から三重県へ引っ越した幼少期に、スイミングスクールに通っていたことがあります。それが一番最初の習い事と記憶していますが、ほんの数か月で辞めました。スイミングスクールで履く水泳パンツって、競泳用でピチピチなんですね。それが子どもながらに恥ずかしかった(笑)。小学校に入ってからは習字を。これも10か月くらいで辞めました。サッカーチームにも入っていましたが、さぼってばかりでした。高校生になって美術系大学へ進もうとデッサンを習いに行きました。将来的に、デザインとか絵をいかせる仕事に就ければと思った。

習い事で何か早々に芽が伸びたというよりも、好きだった絵をあたためてきてお仕事にされたんですね。

大学時代も具体的な仕事を思い描いていたわけではないんです。就職活動も真剣にやらなかったですし。卒業してから「どうしよう」って。カメラマンのアシスタントやデザイン事務所とかに面接に行ったことはあります。でも採用されず、アルバイトばかりの日々に。そんな時にふと「家で仕事ができるといいなぁ」と。あんまり人と関わりたくないしなぁ~と(笑)。

小学校入学式にお母様と。小さな頃から他の子と比べて頭一つ分大きかった。

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

バルドラール浦安デフィオ監督兼選手 泉洋史さん

次回は、バルドラール浦安デフィオ監督兼選手の泉洋史さんが登場。デフィオは障がいの有無や種類に関係なく多様なメンバーが一丸となり一般リーグで本気で戦うフットサルチーム。聴こえないからこそできる。不自由だからこそ挑戦できる。監督兼選手として活動する泉さんにチームが目指す熱い思いを語って頂きました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21