0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第45回 > 3
ギャグマンガの新領域を開拓した漫画家 増田こうすけさん2列目の右から3番目が増田さん。なぜかさぼることも多かったサッカークラブの仲間と。
アイデアの源泉?!書斎も整理された細やかさ2列目の右から3番目が増田さん。なぜかさぼることも多かったサッカークラブの仲間と。

小学校時代は夏休みで読書感想文が宿題だったりしますよね。そんな時、増田さんはどんなことを書いていらしたんだろう?と興味が湧きます。

読書感想文は、ただ嫌なものでしたね。比較的読みやすいというか短いものを選んで、こうだと思う~こうだと思う~というのをひたすら書いて(笑)。本は今も読まない方なんです。表現する人は読んだ方がいいに決まっているのですが、勧められてもあんまり読まないんですよ。

あのセリフのおもしろさの源をぜひとも知りたいです。ところで2歳上のお姉さまとは仲良しでいらした?増田さんは反抗期とかなかったのでは?なんか人と喧嘩とかしそうにないから、キツイことを言ったり言われたりすることとは無縁な気がします。

小さな頃は仲良しでしたが、小学校高学年になってからは自然と口をきかなくなって。家の中で会話しないことが暗黙のルールになって(笑)、今に至ります。メールだと普通に会話しますが、実際会うと一言二言交わすくらい。姉の勤めている会社の人が、僕の漫画を知っていたことを喜んでくれたりします。反抗期はそれなりにあったと思いますけれど、そんなひどくなかったような。自分ではそんなふうに思っていなかったのですが、家族によれば僕、口は悪いみたいです。

書斎もきちんと整理されて美しいし、増田さんはとても細やかな方だなぁとお見受けします。常日頃も家事とか貯蓄なんかもお得意で?

僕は家事も貯蓄も全然得意ではないのです。家事はむしろ苦手。貯蓄も僕は管理していません。買い物は好きでよくスーパーへ行きます。料理はあんまりしませんが、肉が嫌いなのでたくさん野菜を食べる。異常気象なので野菜の高騰が心配ですね。それとこれまで何度か引っ越しをしていますが、土地の価格も気になります。計算は苦手なんですが、損はしたくない。子どもの頃からケチで好きなことにはお金を使うけれど、無駄遣いは一切しない(笑)。

堅実さがよくわかりました。作品のおもしろさはこの緻密さによるところが大きいですね!では最後に習い事を考える読者にメッセージをお願いします。

僕自身は習い事で何かしっくりきたことがなくて、水泳も習字もそろばんも進研ゼミも全部辞めてしまった。自分でやりたいと入ったサッカーチームにも結局さぼってばかりでした。結局、まじめにやっていたのは高校時代のデッサン教室。必要に迫られないと本気でできなかった。でも、それでいいんじゃないかと。興味がないものを続けていても何もならないですし、興味があるなら何かのきっかけになるかもしれませんけれど。僕は英語が話せればよかったなぁ~とは思いますが、今さら習うつもりはありません。

ギャグマンガ日和は全10巻発売中。DVDの他、クマ吉クン時計や下敷、うちわなどのグッズも有。

---ありがとうございました!
増田さんの漫画を手にしたのは小6息子が読みふけっていたからなのですが、息子以上に私がすっかりはまってしまいました。漫画の路線もいろいろあるのでしょうけれど、元気のない時に「ギャグマンガ日和」を手にして読むだけでおなかの底から笑えて、「ま、いっか」と思えてくるので不思議です。押し付けがましくないのにしっかり笑え、脱力系な物語なのに細部まで緻密に笑いが練り込まれている。これからの作品がますます楽しみな増田こうすけさんなのでした。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション
12月に『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』連載10周年!

12月に『増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和』連載10周年!

10周年を記念して、ギャグマンガ日和10周年祭りを企画中!
詳しくは、『ジャンプSQ.』か公式HPにて!

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督 田中悠輝さん

次回は、ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督の田中悠輝さんが登場。障害者の自立生活とはどういうものか?自分を、社会を、変えていこうと奮闘する人々を見つめ、生きづらさを抱えた人が自分らしさを取り戻す姿を丁寧にカメラで追ったドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。自らも介助者として働く田中悠輝さんの幼少期のお話を始め、3年間撮影した渾身の作品について、じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!予告編はこちら。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21