0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第44回 > 3
振付師のユニークさを俳優業にも活かす パパイヤ鈴木さんスリムでアイドルのような容姿の18歳頃。TDLのステージで活躍
加圧トレーニングで約30キロ減量成功!スリムでアイドルのような容姿の18歳頃。TDLのステージで活躍

パパイヤさんはダンサーであり、振付師でもあり、現在はNHK大河ドラマ「天地人」も出演されて、俳優さんとしても存在感があります。一時期のパパイヤさんよりずいぶんシェイプされたような。役作りでしょうか?

僕の仕事は、ダンサーから出発しました。10代はTDLで踊ったりしたこともありました。30歳過ぎてからは振付師としてミュージシャンの振り付け指導をしていました。
体重は今82キロで、一時は110キロくらいあった(笑)。ドラマが始まって8キロ落ちました。僕が演じているのは甘粕景継という実在した人物。この方は本当に男の中の男、頑固で男臭い星一徹みたいなタイプ。当時の人たちは皆そうだったと思いますが、殿のいうことは絶対。「天地人」自体が義をテーマにしていますが、義に厚い人だったようです。僕はもうひとつ、役作りとしては「感情がすぐ表に出る。単純なヤツですぐ怒るし泣くし喜ぶし、喜怒哀楽が激しく1分間で全部でちゃう」という人に設定しています。台本に書いていない部分を細かく考えると面白い。衣装さんと、どういう服にしましょうかと相談して、熱しやすくさめやすい、感情が激しい人物だから、赤と黒にします?とかね。そんなふうに衣装決めたりとかする。人物像の裏ストーリーをつくるんです、いつも。

物語の裏話もあっておもしろいです。今年いっぱいドラマは続きますよね?健康管理も大変ですね。

撮影自体は10月には終了します。僕が最終回まで出るかわかりませんが、登場人物がそろそろ少なくなってくるんじゃないかな、全47話で完結ですから。
健康管理でいうと、僕は加圧トレーニングをやっています。あとは普段の生活管理を。普段から健康的に過ごします。お酒をすごく飲むので、健康とは言い切れませんが、タバコは吸わないですし、食べ物とか私生活での運動、なるべく階段の上り下りをしようと。それだけでずいぶん違う。

加圧トレーニングで体がどんなふうになるんでしょう?

女の人は筋肉がついちゃうと抵抗あるかもしれませんが、筋肉よりも血管。血管が強くなるのはものすごくいいこと。毛細血管が増えるのは、これまでいかされなかった毛細血管があって、それが強くなって網目のように広がってくる。毛細血管はすごく大事。冷え性にもならない。でもやっぱり体形が太くなるのにコンプレックスがある。腕や足が太くなったりするのが女性は嫌みたい。中身を鍛えるならピラティスとかリンパヨガとかいいのかもしれませんね。僕は加圧トレーニングのおかげで、元気がみなぎっていますよ!全然疲れない、何をやっても。無意味に永田町の階段も一段抜かし(笑)。106段。エスカレーターとかぜったい乗らないですもの。登ると疲れるけど30秒くらいすると、もう一回いく?って。神社も全部一段抜かし!大江戸線の階段なんて、もう大好物。

画面でパパイヤさんを拝見すると、そのエネルギーを感じますもん。俳優さんは演じるまでの見えない部分で苦労がありますね。最後に子供の習い事に迷う読者の方へメッセージをお願い致します。

先生に気をつけなきゃいけない。習い事を通じて、自分の可能性をどんどん出せるような教え方をする先生に巡り合えるかどうか。絵を教えるときに、うまい絵を教える必要なんかまったくない。イイ絵を描ける子になってほしいし、イイ歌が歌える子になってほしいし、イイ男の子、イイ女の子、イイ子供になってほしい。「良い子」ではなく「イイ」子。ダンスでもそうですが、上手なダンスには全く興味なくて、イイダンスに興味がある。ある時、うちの下の子が変な絵を描いてきた。緑のがばーっとあって、下に白いのがチョンと草むらみたいな。大根だというんです。上から見たらしくて。上からみると葉っぱがいっぱいあって、チョロンと下に白い物体。そういえば大根ってそうだね。みんな大根っていえば、横に白いのがあって……で、うちの子だけ上から見てた。その絵に僕と嫁さんで大喜びして「やった!でたよ、天才かもしれないよー」って(笑)。
その絵に託されたものを、親がちゃんとわかるかどうか。わからせる絵を描かせてあげられるかどうかは、指導者の責任。ダンスもそう。ダンスもこうやってやりなさいって教えた段階に、それ以上できなくなっちゃうものだから。

ご自身のお子さんに対する思いとも通じますが、子どもが自分なりに考えて生み出せる視点とか、社会に出た時に負けない競争力をもつのが必要だと?

大事なのは大人が習い事を通じて子どもと話をする、この子をこういうふうに導いていこうとすること。子どもは皆天才、いろんな可能性を持っている。だからこそ優劣をつけなきゃいけない。小さい頃から挫折感をあじあわせなきゃ。大人になって挫折感あじわうから立ち直れなくなっちゃう。ゆとり教育なんてとんでもない話。子どもの時から一番、二番、三番ってつけてあげないと頑張れない。そういう考え方を僕は支持します。皆平均的になんて冗談じゃない。自分の子が劣等感を感じたとすると、それを乗り越える瞬間が大人になる瞬間。それを乗り越えさせないで、いいよ、だいじょうぶ、今そんな必要ないっていうのが一番よくない。うちの子を自然児にしたいっていうのは、つまりそういうことなんです。

ダンスを始めた15歳頃にスタジオで。目もとに面影が?!

---ありがとうございました!
パパイヤ鈴木さんは同世代。私も6歳まで東久留米市で幼児期を過ごしていたので、子ども時代のお話しを伺ううちにあの頃の風景を思い出しました。子どもをのびのび育てたい、と語るパパイヤさん。野放しにするわけでなく躾をきちんとされ、ぶれない方針をお持ちなのは素晴らしい。何よりも30キロ近くウエイトダウンされ、俳優としてもいい味をだされている今。ご自身の健康管理をしっかりできることも、家族をまとめて率いる力につながっているのかもしれません。これからも振付師をはじめ俳優として、ダンサーとしてさらにいい味をだして活躍されることをお祈りしております!
※拙著「赤ちゃん絵本ノート」でも、パパイヤ鈴木さんのユニークな子育てについて掲載されています。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション
パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ

「DUNE'09 ~Earthclean Heartclean~」に出演

鳥取砂丘とは、美しい「空」「海」「砂」をいつでも見ることができる場所。この当たり前のように存在している美しい「SKY(空)」「SEA(海)」「SAND(砂)」の3Sをメッセージ性の強い音楽で世代を問わず永遠に残して行こうと今年から開催されるイベントに、パパイヤ鈴木とおやじダンサーズが出演。

「DUNE’09~Earthclean Heartclean~」

2009年9月19日(土)鳥取・鳥取市福部町湯山 鳥取砂丘オアシス広場
フードエリアオープン 11:00
ライブエリアオープン 13:00 スタート 14:00
チケット 6,000円(未就学児童は保護者1名につき1名まで無料)

【出演アーティスト】(50音順)
大黒摩季
谷村奈南
電撃チョモランマ隊
中西圭三
パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ
Peaky SALT
ミトカツユキ 他
主催・お問合せ 3S美化実行委員会 0857-28-8995

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

 アーティスト 門秀彦さん

次回は、アーティストの門秀彦さんが登場。心を伝えるのは声や言葉だけでなく手話や絵、音楽などもあります。自由にのびのびとその楽しみを分かち合い、各地で繰り広げている門秀彦さんの創作活動に触れるとコミュニケーションの可能性は無限大と感じます。TALKING HANDSに込める意味、ご自身の子育てについてもお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21