0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第33回 > 2
野球史に残る伝説のピッチャー 斉藤雅樹さん06年から巨人軍投手コーチに就任。今季は二軍担当として、若手育成に力を注いでいる。
小学5年生から入部したリトルリーグ06年から巨人軍投手コーチに就任。今季は二軍担当として、若手育成に力を注いでいる。

お話しを伺っていると、まさに毎日が闘いという感じです。好きこそものの上手なれで、野球は小さな頃からプレーされていらしたんですか。

小学5年生までは町のソフトボールチームに所属していましたが、5年生から川口レッドボーイズというリトルリーグに入部しました。一応、入団テストがあってボールを投げたり、50メートル走を走ったり。足は学年一速かったですし、一生懸命やりましたけれども。入団テストを受けることになったのは、母が勝手に申し込みをしていたんですね。僕はどちらかといえば人見知りで引っ込み思案なタイプでしたから、母の勧めで背中を押してもらったという感じです。

お母様は先見の明がおありでしたね。リトルリーグでは大活躍でした?

小5から入部するのは割と遅くて、同学年でも前からいる人はすごく先輩に見えました。5年生時代は二軍として大した活躍もしていなかったですが、6年生になると自動的に一軍となった。僕らの代にはたまたまキャッチャーがいなかったので、僕がキャッチャーをすることになった。ピッチャーは3人くらいいて、とても強いチームで全国大会まで行きました。

土日は野球漬けで、あまり親の手を煩わせるようなお子さんではなかった?

運動が得意で活発でしたが、どこにでもいる普通の子だったと思います。ただ、母にものすごく怒られたような記憶はないですね。

習い事は野球の他に何か?

野球をやっていた頃、そろばん塾にも通っていました。5年生で2級取得でしたから、今でも計算は得意なほうです。スコアとかつけるのも結構好きですね。中学3年の夏まで野球部でしたが、その後受験のため夏季講習へ通ったら、すごく勉強がよくわかったんです。それまで、いかに何も勉強してこなかったかというのもあるんですが(笑)。わざわざ当時、川口から王子まで週に数回、塾通いをしていました。リトルリーグで一緒だった友達と中学はバラバラになったけれど、高校でまた野球やろうよと話して市立川口高校を目指そうと。僕の成績が今一つでしたので、中3の夏以降、俄然集中して頑張りました。

野球選手として、お、これはいけるかも。と思われたのは、いつ頃でしたか?

高校3年生の時にプロ球団のスカウトが来たときです。早実の荒木大輔が同学年で、何かがきっかけで練習試合をしたことがありまして。夏の決勝で負けて甲子園には行けませんでしたが、絶対プロに行ってやるぞ!と決意していました。ある社会人チームからも熱心に誘いを受けましたが、野球をするならプロでしたいと。大学という選択は、勉強があまり好きでなかった僕にはありませんでしたし、それに大学はすぐに鉄拳が飛んでくるだとか(笑)。市立川口高校はみんな仲が良かったので。運よく巨人から指名をいただけて、本当にうれしかったです。

引っ込み思案で人見知りな性格だったが、ひときわ俊足の少年であった。

[3]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督 田中悠輝さん

次回は、ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督の田中悠輝さんが登場。障害者の自立生活とはどういうものか?自分を、社会を、変えていこうと奮闘する人々を見つめ、生きづらさを抱えた人が自分らしさを取り戻す姿を丁寧にカメラで追ったドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。自らも介助者として働く田中悠輝さんの幼少期のお話を始め、3年間撮影した渾身の作品について、じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!予告編はこちら。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21