0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第16回 > 1
シリーズこの人に聞く!第16回 オリンピック女子マラソンメダリスト有森裕子さん
シリーズこの人に聞く!第16回 オリンピック女子マラソンメダリスト有森裕子さん
マラソン選手 有森裕子さん
公式ブログ
1966年岡山県生まれ。
就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。現在、国連人口基金親善大使、日本陸連理事、日本陸連女性委員会特別委員、国際陸連(IAAF)女性委員、米国コロラド州ボルダー在住。
 
2月18日の東京マラソン、素晴らしい走りで感動しました。有森さんはリクルート時代から注目されてきましたが、小さい頃から走るのはお好きだったのですか?
好きになったのは随分あとですが、小学校時代はリレーも補欠選手くらいで、中より上くらいのレベル。まあまあ得意。好きだったものは体育、美術、家庭科、音楽でした。でも音楽の楽器は何かを見ながらやることが苦手だったんですね、不器用なものでしたから。机にしがみついて何かを覚えなくちゃならなかったり、そういう勉強はダメでしたね。

習い事なんかはされていましたか、スポーツ系は何か?
オルガンは幼稚園まで習っていましたが、皆が遊んでいるのに、何で自分だけオルガン弾かなくちゃならないの?って(笑)、辞めてしまった。そろばんやお習字もやっていました。スポーツは、小学校時代にポートボールを。父がコーチをやっていたので。中学になってからはバスケット部。攻めはダメでしたが、守りはしつこかったので強かった。相手チームの得点王にぴったり張り付いて、いかに点を入れさせないかが使命でした。この3年間で、ああ私ってチームプレーは向いていないなぁ~って思ったんです。

中学時代に走り出したわけではなかったのは、意外でした。
部活はバスケでしたが、運動会で800メートル走に出場し3年連続優勝。誰も出たがらない種目でしたが、人と同じことをしても自信につながらないと思って、自ら進んでやってみた。個人の力で頑張って結果が出せたので、私にはこのほうが向いているなと。で、高校は陸上部に入ることにしました。

高校時代は陸上をやってハッピーで?辛いと思うことはありませんでした?
辛いことばっかりでしたね(笑)。故障も人一倍でしたし。整形外科へ通うのと学校行くのが同じくらいみたいな。土日は競技会、ロードレースなど目白押しで。その頃、女子の中距離マラソンがやっと注目されだしたのはラッキーでした。ただ、食生活指導もあまり情報や知識がなかったので鉄欠乏性貧血がすごかった。真夏に5枚重ね着して汗たくさんかいて朝晩走って、ミネラルとか鉄分も全部汗で出ちゃうのに、何も補給しなかった。秋はもっても、冬はスタミナがもたないわけです。高校時代の3年間は、貧血との闘いでした。
[ 2 ]を読む
〔1〕|〔2〕〔3〕
 
このページのトップへバックナンバー一覧


 

次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21