0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第153回 > 1

近藤利樹さん

近藤 利樹(こんどう としき)

ウクレレプレーヤー。2007年生まれ。7歳よりウクレレを始める。9歳でソニーミュージックソニックアカデミーウクレレコンテスト優勝。第8回ジ・ウクレレコンテスト関西予選で入賞。普段は「なんでやねん!」「誰がやねん!」とコテコテの関西弁を話し、周囲を笑顔にする少年。ひとたびウクレレを抱えると、ミュージシャンに変身し、素晴らしい高速グルーブを生みだすテクニックは必見!2017年ソニーミュージックレーベルズと契約。そのギャップが話題を呼び、TVなど多くのメディアに出演中!2018年NHK Eテレ ムジカピッコリーノレギュラー出演が決定し、7月4日にはウクレレの世界的アーティスト、ジェイク・シマブクロ氏初のプロデュースによる「ソーラン節」、NHK「みんなのうた」で話題の「デッカイばあちゃん」などを収録したミニアルバム「UKULELE DAYS」をリリース! »  近藤 利樹 公式サイトはこちら

耳コピーで好きな曲を演奏する。

数ある楽器の中でウクレレに夢中になったのはどうして?

ウクレレを初めて見たのは家族でコストコに出かけた時のことです。ウクレレが光っているように見えて、神様が弾けと言っているように思えて、お母さんに「これほしい!」と頼んだけど買ってもらえなくて……。そしたら半年後くらいにお父さんの友達が買ってきてくれたんです。ちょっと遅れたクリスマスプレゼントで。もらったウクレレにDVDが付いていて、それを観ながら練習しました。3週間くらいしてから近所のYAMAHA音楽教室にウクレレを習いに通い出しました。友達でウクレレを習っている人はいなかったです。

アルバム「UKULELE DAYS」聴かせて頂きましたが小学生が弾いているとは思えません。どんな練習をされているのでしょう?

初めは弾ける音だけ適当に弾いていました。楽譜は今も読めないんです。弾きたいメロディーを耳で覚えて弾く「耳コピー」。指のトレーニング兼ねてポロポロ弾いてみたり。伸ばした爪をピック替わりにして弾くと微妙に音色も変わったりして。練習時間は…気が済むまで演奏します。ギターもそうやと思うけど、弾いていると自分も楽しくなるし、聞いてくれる人も楽しくなる楽器やと思うから。今は作曲もしています。

デビューすることになったキッカケは?

名渡山遼(なとやま・りょう)さんというウクレレプレーヤーの方の動画をよく見ていたら、その方がソニーミュージックのウクレレ講座を東京でするということを知って、どうしても参加したい!と「これ行きたいんやけど」お母さんに言ったら、「そうか。ほないこか」という感じで大阪から親子で遠征しました。そこに来ていたスタッフの方が見つけてくれたのがデビューのきっかけです。講座ではウクレレの演奏だけでなく、ウクレレケースやストラップを作ったり色々教えてもらいました。

大阪から遠征するなんて、すごい熱意で!利樹君にはご兄弟がいると聞いていますが?

3つ上にお兄ちゃんがいて、私立の中高一貫校でサッカーをしています。サッカーの全国大会にも出場していたので強いです。小さいとき僕もサッカーをやっていたんですけど、コーチがめちゃくちゃ怖すぎて(笑)お腹痛くなったりして練習行けなくなったりして。お兄ちゃんは行っていましたけれど。兄弟でも性格は違うと思います。お兄ちゃんは音楽あんまり興味ないです。

9歳の時、ソニーミュージックアカデミーウクレレコンテストで優勝した。

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

バルドラール浦安デフィオ監督兼選手 泉洋史さん

次回は、バルドラール浦安デフィオ監督兼選手の泉洋史さんが登場。デフィオは障がいの有無や種類に関係なく多様なメンバーが一丸となり一般リーグで本気で戦うフットサルチーム。聴こえないからこそできる。不自由だからこそ挑戦できる。監督兼選手として活動する泉さんにチームが目指す熱い思いを語って頂きました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21