0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第144回 > 1

矢部太郎さん

矢部 太郎(やべ たろう)

1977年生まれ。お笑いコンビ・カラテカのボケ担当。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。父親は絵本作家のやべみつのり。『大家さんと僕』は初めて描いた漫画。2017年10月現在も大家さんの家の二階に住んでいる。»  矢部 太郎 公式Twitterはこちら

SNS効果で初著書は20万部突破。

初めて執筆された漫画エッセイがものすごく注目されています。漫画といってもほのぼのとした線画で笑いつつ、ちょっと涙もこみ上げ、幸せな気持ちになりますね。

ありがとうございます。SNSで読んだ方が紹介してくださって拡散されているのと、TVや新聞などでも取り上げてもらえて、ありがたいです。僕は大家さんそのものがおもしろい方だと思っていますので、そこは変えずに出せたらいいなというのと、大家さんから聞く昔話が僕は好きで、そういう話はなるべくそのまま書けたらいいなと。僕が大家さんに対して、いいなと感じていることが、この本を読まれる方にも伝わるのだと思います。

そもそもお笑いの世界に入ったのは何がきっかけでしたか?

僕がコンビを組んでいるカラテカの入江君は高校の同級生。いっしょにお笑いやろうって誘ってくれたのがきっかけです。ネタ見せしておもしろかったらライブに出てもいいことになっていまして、月に1回出られるようになって、それが月2回、3回と段々出番が増えていって、吉本の人から「口座教えて」と言われ、気が付いたらタレント年鑑に名前が載るようになっていました。

あれよあれよと言う間に吉本のお笑い芸人の道へ。ということは、高校ご卒業してすぐお笑いの世界へ進まれた?

大学進学をしましたが、中退ではなく除籍となってしまい途中で辞めました。一応、教育学部で先生を目指すこともできましたが、当時はあまり深く考えていなくて。除籍は、親も残念だったかもしれませんが、直接は何も言われませんでした。8年間一応大学へお金は払い続けていたのですが、ちょうどその頃「電波少年」という番組で海外に連れて行かれて帰ってこられず。そのうち単位が取れなくなってしまったのです。

もったいなかったですね。矢部さん気象予報士の資格もお持ちで案外というと失礼ですが、勉強お好きでいらっしゃるのかな?と。

集中して何かをするのが好きです。受験勉強もそんなに嫌でなかったですし、気象予報士の資格を取るための勉強もすごくおもしろくて。科学的に未来を予測することって他にない。しかも、それに国が資格を出している。占いとかいろいろありますけれど、そういうことでなく方程式で時間、空間、温度など入れて1時間後を予測するというのがおもしろくて。だから漫画も集中して描くのが楽しいです。

ゲラゲラ笑えてホロリと泣ける漫画エッセイは、ベストセラー街道まっしぐら!

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21