0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第119回 > 1

ウクレレミュージシャン 高木ブーさん

高木ブー(たかぎ ぶー)さん

1933年、東京都豊島区巣鴨生まれ。中央大学在学時よりハワイアンバンドに参加。卒業と同時に「高木智之とハロナ・セレナーダス」を結成。64年、「ザ・ドリフターズ」に参加。66年、来日したビートルズと武道館で共演する。69年に始まった『8時だョ!全員集合』をはじめとするテレビ番組で一世を風靡する。96年、ハワイアンバンド「高木ブーとニュー・ハロナ」を結成。CDリリースやライブ活動を行うほか、NHK教育テレビでウクレレの講師を務めるなど、多方面で活躍中。著書に「第5の男」(朝日新聞出版社)がある。本名・高木友之助。

15歳でもらったウクレレの虜に。

いまやウクレレ奏者としてご活躍ですが、そもそもブーさんはお笑いの世界ではなく音楽活動がスタートでしたね?

15歳の誕生日に兄からウクレレをプレゼントされたのをきっかけに独学で勉強しました。当時は本も楽譜もなかったからレコードを聴きながら音楽を覚えて。買ってきてくれた兄はハワイアンのファンでプレゼントしてくれたようです。

戦争を超えて大変な幼少期を過ごされて12歳で終戦を迎えられて。6人きょうだいの末っ子でしたね。

上に兄3人、姉2人がいます。僕はすぐ上の兄とも8歳年齢が離れていたので、きょうだいと遊んだよりも両親と一緒にいた記憶のほうが多いんです。家族皆からとてもかわいがられました。戦争があったので幼少期の思い出は東京大空襲ですべて焼失。小3で戦争が始まり中1で終戦を迎えました。千葉の柏に母の実家がありましたが、そこに疎開した途端に終戦。でも帰りたい家は全焼してないですし、中学校が再開する頃は戦後混乱期で、千葉の柏から、東京の日暮里まで汽車に乗って通っていました。

高校、大学とずっとウクレレにはまってバンド活動。プロのミュージシャンとしていくつかのバンドを経てドリフターズへ?

ドリフターズにメンバーとして加入したのは1963(昭和39)年9月16日です。ギター担当の欠員ができたところ、当時の3代目リーダー・いかりや長さんが声を掛けてくれました。より給料のいいところ、条件のいいところへとバンドを移籍するのは珍しくない話でした。まだ生まれて間もない娘がいたので、長さんから「お宅は母乳ですか?」と聞かれ、「うちはミルクで、結構ミルク代がかかるんです」と給料のベースアップを暗に希望する私の真意が通じてか、当時5000円アップでの移籍となりました。当時としてはかなりの高級取りです。著書にも『ミルク談義』として載っています。

ドリフターズではどんな音楽を演奏されていたのですか?

ロカビリー(ロック)です。僕はギターを弾いていました。当時ブレイクしていたクレイジーキャッツはジャズ。ジャズ喫茶という場がバンドのステージで昼は午後1時から6時。夜は6時から10時まで。各時間帯に2バンドが30分ごとのステージで出演していました。今は無きあの伝説のアシベを中心に池袋、銀座、横浜…とたくさんのジャズ喫茶で演奏していました。

ロカビリーのギターリスト(写真中央)として活躍していた頃。

中学校時代のスリムなブーさん。頬のあたりに面影が…。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21