0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第102回 > 1

虫好きのツボ押すムシガール!エッセイスト メレ山メレ子さん

メレ山メレ子(めれやま めれこ)さん

1983年、大分県別府市生まれ。東京大学法学部卒業。平日は会社員として勤務し、週末ごとに虫を探索。旅ブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」にて青森のイカ焼き屋で飼われていた珍しい顔の秋田犬を「わさお」と名づけて紹介したところ、映画で主演するほどのスター犬になってしまう事件に見舞われた。やがて旅先で出会う虫の魅力に目ざめ、虫に関する連載や寄稿を行う。2012年から、昆虫研究者やアーティストが集う新感覚昆虫イベント「昆虫大学」の企画・運営を手がける。»  メレ山メレ子さん  公式サイトはこちら

旅行記ブログに4年前から虫観察記もプラス。

先日、某ラジオ番組にメレ子さんが出演されているお話しを聴いて、この本読みたい!絶対もっとお話お聞きしたい!と思ってコンタクトしたのが今回のインタビューにつながりました。今日はどんなムシバナシが伺えるのかとっても楽しみにして参りました。まず最初に、このすばらしくおもしろい「虫本」ができるまでの経緯をお聞かせ頂けますか?

2006年から旅先で撮影した写真と共に文章を綴った旅行記をブログに書いてきました。青森のイカ焼き屋で飼われていた変顔の秋田犬を『わさお』と名付けてブログに書いたら予想以上の反響で観光客が殺到するばかりでなく、薬師丸ひろ子出演の映画にまで登場することになって一躍有名犬に。犬とはいえひと様の家の飼い犬のことをブログに書いていたので、それが有名になってしまい、内心どうしよう…という気持ちでしたが、仲介してくれる人がいて混乱もなく…。

わさおの名付け親はメレ子さんだったのですね!その後、なぜ昆虫について書くことになったのでしょうか?

2010年にベトナムへ旅行してハノイ郊外の国立公園を観光しました。トレッキングが目的でしたが、たまたまそこで巨大なナナフシやカタツムリ、数百頭のチョウの大群と遭遇して、その時の熱狂をブログにアップしたら、たまたま遠征先を探されていた著名な昆虫写真家の海野和男さんが読まれ、ブログに言及してくれたのが昆虫界の方との交流のきっかけです。

虫と旅行を絡めたエッセイってたぶん今までなかったです。「ときめき昆虫学」は虫の観察に愛があるのと、虫の生き様が人間にとても近く感じて何ともユニークでところどころで笑えます。

ナナフシを頭に乗せてはしゃいだり、幻聴まがいのアテレコをしている感覚は、昆虫界のプロにとって新鮮だった様です。どの環境にも、そこにふさわしい虫が住んでいます。例えば、群馬県中之条ではイナゴンピックという行事があります。刈り取られた田んぼの畦で、イナゴとり競争とイナゴのジャンプ大会(イナゴンピック)を開催しています。「ときめき昆虫学」というタイトルではありますが、実際には「昆虫ではない虫」とかも含めています。クモ・ダニ(クモ形類)、ダンゴムシ(甲殻類)、カタツムリ(軟体動物)は昆虫ではありません。

メレ子さんの視点は虫の専門知識をさりげなく伝えてくださるだけでなく、虫と人間の関係性とか虫の住む環境、この虫がしゃべったらこんなふうに言う…と擬人化までしているから想像しやすいんですね。

この本によって「虫好きスイッチ」を押せれば幸いです。私は虫そのものの面白さだけでなく、虫にまつわる人にもスポットを当てたいと思っていました。虫屋、昆虫研究者、写真家、学芸員、芸術家、虫で町おこしをする人々まで。自然写真家の永幡嘉之さんは、東日本大震災の大津波が生態系に与えた影響を調査しています。今、復興に向けて被災地は動いていますが、本来なら環境アセスメントといって、保全すべき生物がいるか否か調べてから土地を開拓するものなのに、現状は復旧工事をかなり急いで行って、結果として生態系の回復を損なう場合がある。そういう動きにNO!を示しているのが永幡さんです。おもしろい方と出会えたことで私は、虫を単にかわいいと愛でるとよりも、虫と環境や人の関わりに関心を持つようになりました。

美しい写真とユニークな表現で語られる2つの著書。『メレンゲが腐るほど旅したい メレ子の日本おでかけ日記』はブログが書籍化された一冊目。どちらも好評発売中。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

須黒達巳さん

次回は、ハエトリグモ研究者 須黒達巳さんが登場。ハエトリグモの研究者としてHPやSNSでその魅力を発信する昆虫博士。最新刊は103種も採集・撮影した「ハエトリグモハンドブック」。慶應義塾幼稚舎にて「スグモ先生」の愛称で呼ばれ理科教諭も務めます。ハエトリグモから見えてくる自然界について、じっくり語っていただきました!どうぞお楽しみに。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21