0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第100回 > 3
世界中の聖地を巡る写真家 稲田美織さん
伊勢神宮は桜の名所。宇治橋周辺のソメイヨシノを中心に陽光桜や神代桜が春を彩る。
伊勢には失っていた大事な物が埋まる、人生を賭けるものがある。伊勢神宮は桜の名所。宇治橋周辺のソメイヨシノを中心に陽光桜や神代桜が春を彩る。

一連のお話伺っていますと、何かに導かれている自然の流れがあります。NYへ移住され10年経った2001年に同時多発テロに遭遇されました。

同時多発テロを自宅アパートで目撃した時は、最初は火災か?と思っていましたが飛行機がビルに突っ込んでこれはただごとではない…と。目の前の現実が衝撃で呼吸することすらままならなかった。それからしばらく、生きることさえも辛くて、家に引きこもり、1年間は何も撮れませんでした。そんなある日、本屋でアメリカのサウスウエストの風景写真集を手に取りました。現代のアメリカ合衆国になる前のアメリカの原風景とネイティブアメリカンの聖地を写した写真集でした。直感的に一年間触ることも出来なかったカメラを持って彼の地へ飛んだのです。

それが世界の聖地を巡るきっかけとなった最初の一歩となったのですね?

(著書「伊勢神宮」より一部抜粋)そこで見た水のある美しい風景や自然と一体になった聖地を巡る間に、体の中からエネルギーが泉のように湧いてきて、いつしか私は夢中でそれらの風景をカメラに収めていました。硬く凍りついていた心が、大自然のたおやかな力によって、どんどん解凍されていくかのようでした。世界中の神様は人々をどこに導こうとされているのか、この目と肌で感じたい…。
悲劇を嘆くばかりではなく、自分に何ができるかを考えてみた時に、亡くなった方々の分も自分ができることを精一杯やらなくてはと。

そして世界の聖地を4年間撮影され、作品を東京・銀座で個展された際に、今度は「日本人なら伊勢神宮の式年遷宮を撮るべき」と勧めてくださる方がいらしたとか?

「調和の鍵」を求めてイスラエル、パレスチナ、トルコ、ギリシャ、アラブ首長国連邦、フランス、ウクライナ、カンボジア、チベット…と世界中の聖地を巡りました。日本人として出会えた伊勢神宮は、一歩足を踏み入れた途端何かが違うと感じました。「ありがとうございます。もし、何かできることがありましたら、どうぞ私の体を使ってください」と祈る自分がいました。それは、テロでビルが倒壊する時に神様に誓ったことでした。二千年の歴史を支える年間千五百回にも及ぶ祭典。そして千三百年にわたる式年遷宮の継承。すべてのものに神様が宿るとする私たちの感性は「人は自然に生かされている」ということを教えてくれます。伊勢神宮という存在は、人間が自然に寄り添い調和する究極の姿なのだと思います。それは、宗教というより、地球、宇宙の哲学のような気がしています。

伊勢の神秘的な写真とそれらを表現されている文章は、いつの間にかこの地を美織さんと共に旅しているような気持ちになれます。では最後に、これからの日本を背負うティーンエイジャーへ何か言葉を贈って頂けますか?

自分を信じてやり続けること。第三者からの評価ではなく、自分がどう感じるか?です。自分を大切にしてほしい。それが周りを大切にすることにもつながります。今は情報が多く、それを追っていないと不安が募るのかもしれませんが『自分にしかできない自分の井戸』を掘っていただきたいと思います。そこには、水がどんどん湧いてきて、枯れることはありません。きっとそれはすべての人が持っている泉なのだと思います。

---ありがとうございました!
『自分を大切にすることは、周囲を大切にすることにつながる。そして自分を信じ続けることで、自分にしか掘れない井戸に泉が湧く』…なんと深い言葉でしょう。伊勢神宮の歴史は言葉にすると膨大ですが、まずは視覚からその素晴らしさを感じたいです。美織さんが届けてくださるのは、信じられないほど深く、色濃く、香りや音色すら感じる素晴らしい写真の数々。美しいものに触れると心身ともに浄化されます。ページを繰るたび、伊勢神宮の不思議なパワーも感じます。いつお会いしても元気で美しい美織さんですが、これからも益々のご活躍をお祈りしています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●稲田 美織さん 写真展 開催情報

日程 場所  
6月 パリ ギャラリーにて展覧会
11月 ニューヨーク パブリックライブラリーにて展覧会

●書籍情報

奇跡に出逢える世界の聖地

  • 奇跡に出逢える世界の聖地
  • 稲田美織 著  小学館
  • 定価 2,000円
  • 発売日 2014年6月末

伊勢神宮 水のいのち、稲のいのち、木のいのち

  • 伊勢神宮 水のいのち、稲のいのち、木のいのち
  • 稲田美織 著  亜紀書房
  • 定価 2,376円
  • 発売日 2013年11月9日
  • 20年に一度の「式年遷宮」を迎える今年の必読書 写真家・稲田美織が、感性に導かれるまま“撮り"、そして“書いた"。混迷を続ける社会、閉塞した精神に救いと癒しをもたらす究極のフォトブック。

水と森の聖地、伊勢神宮

  • 水と森の聖地、伊勢神宮
  • 稲田美織 著  小学館文庫
  • 定価 823円
  • 発売日 2013年7月5日
  • ニューヨーク滞在中に目の前で同時多発テロを目撃し、衝撃のあまり写真を撮ることができなくなってしまった写真家・稲田美織。その後世界中の聖地を巡る旅を続け、最後に辿り着いた母なる国「日本」。導かれるように訪れた「伊勢神宮」を撮り続けることによって、世界に類を見ない「本物の日本」に気づかされる。その本質を美しい写真と文章で直感的に綴った一冊。「神様」とは何か。伊勢神宮が2000年の時をかけて、日本人そして人類に伝えようとしていることは何か。読んで、見て、感じさせてくれるオールカラーのヴィジュアル文庫。

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

お笑い芸人 篠宮暁さん

次回は、お笑い芸人の篠宮暁さんが登場。鬱、薔薇、鸚鵡など数々の難しい漢字がすらすら書けるようになる、おもしろいフレーズを発明した漢字芸人。お笑いコンビ、オジンオズボーンのボケとネタづくりを担当する一方で、この難漢字ネタでの動画再生300万回突破。新しい漢字暗記法が話題です。なぜ漢字に注目を?子ども時代のお話しから、二児の父としての今をお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21