0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第73回 > 3
三姉妹を育てる育児漫画家 高野優さん講演会の告知イラストを描くことも楽しみ。
学校や家ではあじわえない挫折感や達成感を講演会の告知イラストを描くことも楽しみ。

三姉妹に同じ習い事を強制していないのは高野さん流で素晴らしいと思いますが、学校の部活以外に何か習っていらしたのですか?

長女は音楽が好きなので、クラシックギターと和太鼓を6年ほど習っていました。受験期になって少しお休みしていましたが落ち着いたら復活するようです。次女はピアノとバレエを習っていたものの、すぐにやめてしまいましたが。三人の誰かはピアノを選ぶかと思いましたが、誰もいませんでした(笑)。私自身、6歳上の姉と常に比較されてきたので、子どもたちには同じ習い事ではなく、好きなことをさせたいと決めていたのです。

三女さんは幼少期から体力のあるお子さんで…というお話がありました。サッカーと出会う前は何かスポーツをされていらしたのですか?

足腰が丈夫で、クライミングのスクールに通っていたことがあります。娘はどんどん上達して「上級クラスへ通わないか?」とお誘いを受けたりもしました。でも親のほうが尻込みをしてしまったんです。怖いものしらずな娘のこと、無茶をしてケガをしたら…と、心配でやめさせてしまったんです。娘はやりたいのに、続けられなかった…という思いがあったはずですが、それからサッカーと出会って、今度こそ続けたい!と。

今、小学3年生の三女さんはサッカーを熱心にされていますが、夢は「なでしこジャパン」?

チームでは紅一点ですが、だれが見ても男の子に見えるので違和感を感じません(笑)。どんなに熱があってもケガをしてもサッカーには行きたがるし、チームメイトに少しでも追い付きたいと自主練も欠かしません。人数も多く鮮やかなプレーをする子が多いので、先日の試合ではずっとベンチでした。その日の夜は悔しいのと、ふがいなさからかボールを磨きながら延々と泣き続け、翌朝は目をひどくはらしたまま学校に行ったほどです。

悔しくて泣くのって、ほんの9歳でなかなかできない体験ですよね。そういうことがあると精神的にすごく成長すると思います。

親としては、そんなにつらい思いをしてまで続ける必要があるのかなと首をかしげてしまう。技術や体力の差もついてきたし、男の子の中でプレーするのは、そろそろ限界じゃないかとも。それでも「サッカーが好きだから続けたい!」と、まっすぐな目で言われたら、もうしょうがないかなぁと。泣きたくなるほど悔しい気持ちや挫折感、逆にあふれるほどの喜びや達成感は、決して学校では得ることのできない貴重な体験なのかもしれません。プレーでミスして涙ぐんだり、PKで成功して喜んだり、チームメイトを大切に思ったり、コーチを敬うなど…、いろんな感情をスポーツから学んでいるようです。親は子どもにとって給水場みたいな役割でいいんでしょうね。娘が自分からスパイクを脱ぐというその日まで、見守ろうと思っています。
よく、家でヒーローインタビューのまね事をするんです。気分はすっかり20歳くらいのプロサッカー選手のようで、「今日のゴールは、小学校のときにお世話になったコーチ達にささげます」と話すんですね。できることなら、私にもちょっとはささげてほしいなぁと思いつつ、習い事を通してたくさんの喜びと悔しさを知って、大きく育てばと思っています。

泣けちゃいます…好きなことにまっすぐな人は年齢問わず応援したいです。そんなお子さんを3人も育ててらっしゃる高野優さんのあたらしい作品や活動が楽しみです。

2月末にはじめての絵本を出版予定です。ここ数年、めまぐるしいほどたくさんのできごとがあって…、ようやくそれを絵本という形にすることができました。また、去年から子育ての講演会のほかに、イラストのワークショップも始めました。子育ての講演会で、一人でも多くの保護者の方達にほっとした気持ちを、ワークショップでは一人でも多くの子ども達にイラストの楽しさを伝えられたらと思います。

---ありがとうございました!
取材当日、高野さんは着物姿で現れ、とってもよくお似合いでした。最近は着物のリサイクルショップでもお手頃価格で購入できるとか。でも、やっぱり着る人の粋な心が伴ってこそです。以前テレビで拝見していた時もふんわりと優し気なイメージでしたが、実際お会いしていろんなお話しを通じて、その優しさは単なるイメージで はなくて、人間的な厚みとあったかさがあってこそなのでした。情緒不安定な私は大人気なくゴウゴウと泣きながらのインタビューとなってしまいプロとして情けない。でも、そんな弱さもしっかりと受けとめてくださる大きな器に甘えてしまいました。2月末に発売される絵本は、大切な人を失った経験をもつすべての人に読んでほ しい。これからも応援しています!今、お会いできたことに心から感謝です。

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●高野優さん書籍情報

よっつめの約束

  • 高野優さん はじめての絵本「よっつめの約束」
  • 2012/2/25発売
  • 高野優 著主婦の友社出版
  • 定価 1,365円
  • 子育てマンガ&エッセイの第一人者・高野優が贈る、はじめての絵本。子どもの視点で、愛する家族との別れと、悲しみからの再生を描く、希望の物語。

>> 詳細はこちら

●講演情報

2月

  • 2/11(土) [午後] 静岡県静岡市
  • 2/12(日) [午後] 香川県丸亀市
  • 2/18(土) [午後] 兵庫県川西市
  • 2/25(土) [午後] 広島県呉市
  • 2/26(日) [午後] 山形県山形市

3月

  • 3/04(日) 和歌山県和歌山市
  • 3/10(土) [午後] 京都府南丹市
  • 3/14(水) [午前] 愛知県豊田市
  • 3/21(水) [夜] 福島県会津若松市

>> 詳細はこちら

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督 田中悠輝さん

次回は、ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督の田中悠輝さんが登場。障害者の自立生活とはどういうものか?自分を、社会を、変えていこうと奮闘する人々を見つめ、生きづらさを抱えた人が自分らしさを取り戻す姿を丁寧にカメラで追ったドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。自らも介助者として働く田中悠輝さんの幼少期のお話を始め、3年間撮影した渾身の作品について、じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!予告編はこちら。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21