0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第68回 > 3
海外でも高く評価されるバレエダンサー 首藤康之さん『衣装の面からもスタイリッシュな舞台。』 photo  操上和美  衣装協力  ヨウジヤマモト
表現者として社会とつながっていくこと『衣装の面からもスタイリッシュな舞台。』 photo  操上和美  衣装協力  ヨウジヤマモト

首藤さんはこれまでのバレエ人生で、もう辞めちゃいたい!と思うような出来事はありませんでしたか?

本番中にじん帯を切って踊れない時期は苦しかったですね。練習が厳しいから苦しい…と思ったことは一度も無いです。年齢と共に肉体と精神は老化する…というけれど、肉体も精神も死ぬまで進化し続けると、僕は思っています。体型キープが大変ですね…と声を掛けられることもありますが、それは全然大変ではなく、毎日レッスンしていれば保てます。それよりも前へ進むため、進化するための努力が大変です。年々、もっと努力を…という気持ちです。

+αを増やしていくことは自分への挑戦ですよね。そのために日頃から気をつけていらっしゃることはありますか?

自分自身の身体との対話です。生まれた時より年を重ねるたびに親密な関係になっているので、通じ合っている感じがします。最近ほとんど怪我することもなくなりました。心と身体の関係がうまくいっているからです。食事にしても、好きな物を食べます。たくさん食べた時は、たくさん動けばいいですから。

9月末には新国立劇場で新作公演ですね。これまでもたくさんの素晴らしい作品に出演されていますが、今回はまたシェイクスピアの定型詩『ソネット』を現代の視点で読みなおした新作ということで、バレエをあまり観ない人でも堪能できそうです。

シェイクスピアは偉大な作家として多くの言葉を残してきました。この世に存在する絶対的な、愛、生、死といったことを美しい言葉で表現しています。『ソネット』では虚構と現実が折り重なり、登場人物は詩人、青年、ダーク・レディの3人が織りなす愛の葛藤が描かれています。それを現代のダンス語法で読み解く作品で、人間の本質を探究するというバレエダンサーとしての壮大な試み。僕と中村恩恵さんの二人でどのような空間を創り出せるか、楽しみにしてください。

では最後に3.11大震災を踏まえて、これからの子どもたちへ伝えたいことをお願いします。

3.11によって誰もが多くのことを考えさせられたと思います。自然災害の前で僕らは無力です。でも、僕は表現して残していくこと、表現者として社会とつながっていきたい。今やっていることに誠実に取り組むことが未来を培うことなのだと思っています。それは簡単なようで、とても難しいものですが、自分がこれまで続けてきたことをこの先も続け、伝えていきたいです。

首藤康之との創作活動を積極的に行う中村恩恵(なかむら・めぐみ)は国際的評価も高い。  photo  NOMO

---ありがとうございました!
どちらかというと静かにお話しされて、うっかりすると聞き洩らしてしまいそうな首藤さんの密やかなお声に、全神経集中させたインタビューでした。親の勧めで始めた習い事ではなく、たった8歳の時に心惹かれてスタートしたバレエの道。自分を律する人だけが持つ、独特な美しいオーラを放っていらっしゃいました。舞台で、お二人のオーラがどのように重なるのか楽しみです!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●首藤 康之さん活動情報

2011/2012シーズン ダンス オープニング公演
『中村恩恵×首藤康之 Shakespeare THE SONNETS』

『中村恩恵×首藤康之 Shakespeare THE SONNETS』 photo  操上和美  衣装協力  ヨウジヤマモト

  • 日時 : 全2回公演
    ・第1回 2011年9月30日(金) 7:00
    ・第2回 2011年10月1日(土) 6:00
  • 場所 : 新国立劇場 中劇場
  • 今回新国立劇場では、中村恩恵と首藤康之がシェイクスピアの『ソネット』を現代の視点で読みなおしたデュオ作品を新制作します。豊かな芸術性を持つ二人のアーティストが作り出す豊かな空間は、幅広いお客様にダンスをお楽しみいただける機会となるでしょう。

>> 詳細はこちら

[1]   [2]   [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督 田中悠輝さん

次回は、ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督の田中悠輝さんが登場。障害者の自立生活とはどういうものか?自分を、社会を、変えていこうと奮闘する人々を見つめ、生きづらさを抱えた人が自分らしさを取り戻す姿を丁寧にカメラで追ったドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。自らも介助者として働く田中悠輝さんの幼少期のお話を始め、3年間撮影した渾身の作品について、じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!予告編はこちら。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21