0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第66回 > 1

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を主宰する、心理学者であり哲学者 西條剛央さん

西條 剛央 (さいじょう たけお)さん

早稲田大学大学院(MBA)専任講師。専門は心理学や(科学)哲学。「構造構成主義」というメタ理論を体系化。実家が仙台なので犠牲になった人たちのためにも今の自分にできることをしたいと思っています。 Twitterフォロー歓迎いたします

やれることはすべてやる!と始めた支援プロジェクト

この支援プロジェクトは4月2日に立ちあがったということですが、何がきっかけでスタートされたのでしょう。3.11震災時はどうされていたかもお聞かせいただけますか。

震災のあった日、首を痛めていてちょうど都内の治療院にいました。東北は震度7と聞いて、実家が仙台にあるものですから助けにいかねば…と思ったのですが、夕方になって家族の無事を確認できたので、結局東京に留まりました。その後は、ライフラインもガソリンもない実家に行っても東京の家族を心配させるだけなので、現地に行きたい気持ちを抑えつつ、忸怩たる思いで過ごしましたね。

ご親族が被災されて心穏やかでいられなかったと思いますが、ものすごいスピードとエネルギーでプロジェクトを立ち上げられたようですね。そのあたりの経緯を教えてください。

3月末あたりに実家で「明日ガソリンが入る」ということだったので、このタイミングならと、行くことにしました。実家に行ったのが3月31日、南三陸町に入ったのが4月1日です。  被災地は想像を遥かに超える酷い状態で、食糧も賞味期限切れのおにぎりしか届いていないとか、マイナーな避難所には物資が行き渡っていなかったんです。これは早く何とかしなければと思い、Twitterで「南三陸町レポート」を書き続け、翌日の4月2日には「ふんばろう」のHPを立ち上げました。

たちまち賛同者や参加者が集まり、現在もなお協力者が増加中です。なぜこうした動きになっていると思われますか?

まず日本中に本当にたくさん支援したいという方がいたということですね。そして、このプロジェクトは誰でも参加できますし、物資を提供するにしても個人ができる範囲で送ることができます。さらに「amazonのウィッシュリスト」と連携するなど工夫して、本当に必要な物が必要な人へ届けられる仕組みを作りました。現地の行政は、選別などが猥雑になるという理由から個人からの物資を受け付けていません。「ふんばろう」は人と人を結ぶ「顔の見える支援」です。せっかく救援物資を送っても倉庫に眠るようなことにはなりません。被災地のために何かしたい人がたくさんいて、自分たちが支援している物が誰に使ってもらえているのかもわかります。お礼の手紙が届いたり、電話がかかってきたりしますので、人の縁が絆に変わっていきます。人が人に支援するという基本に戻ることが求められているのだと思います。

生活まわりの物資を送るプロジェクトだけでなく、並行して数々のプロジェクトを立ち上げられています。ここで少しその具体的プロジェクトの内容を紹介していただけますか。

被災地、被災者のためになることはどんどんやっています。被災後すぐは食糧、衣類、生活物資の支援をしてきたわけです。南三陸町の水道復旧率は2ヶ月経過時点で1%、3ヶ月経過時点でも7%しか復旧していません。しかもそのうちの飲める水も限られています。これからも継続的な支援が必要です。
また今は多くの被災地で電気が通り始めていますから、『家電プロジェクト』を立ち上げて、全国で眠っている家電を集めて被災地に送るということをやっています。
また福島を中心として放射線をチェックするガイガーカウンターのニーズもあるため、正しいカウンターの使い方を伝えつつ、機器をレンタルする『ガイガーカウンタープロジェクト』も始動しています。  被災された方が、がれきを撤去するなど収入に結びつくように『重機プロジェクト』という重機免許を取得する支援するプロジェクトもかなり好評です。また、被災者の心理的なケアをする『傾聴支援プロジェクト』など、たくさんのプロジェクトが同時に動いています。一つひとつのプロジェクトが実効性の高い、被災者のニーズに寄り添うものですので、賛同者も増えています。

アイデアが豊富で、お仕着せではない活動だからこそ共感を呼ぶのでしょうね。今、この国はどんどん良くない方へ進んでいますが、西條さんは将来的にどのような社会を目指していますか?

皆が何を目指して生きるか、です。僕は、人それぞれ生きたいように活き活きと生きることが幸せにつながっていると考えます。その実現のために有効な考え方を伝えたり、実際に行動したりすることは大事なことだと思います。

たとえば、どのようなことが考えられるでしょうか?

それはたとえば、個々人の私欲や利権ではなく、多くの人が幸せになるためのことを実行しそうな政治家を選挙で選んだり、あまりにもリスクの大きい原発に依存しない社会にしていくことではないでしょうか。
これまでの世の中はピラミッド構造で上から下へ指示が出て成立してきたことも、これからは横のラインで世の中を変えていくことが大切になると思います。それを支えるインフラとしてTwitterやfacebookといった媒体もありますので、そうしたものを活用していくことが近道になるでしょう。僕も、もともとアナログタイプでそうしたものに手が出しにくかったのですが、使ってみると本当にこれは世の中を変えるツールだなと実感しました。

「自分に今できることは全部しようと心に決めて支援活動を始めた」さまざまな出会いもあり、活動に賛同する人は日々増加中。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21