0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第49回 > 3
パラリンピック競泳金メダリスト 成田 真由美さん姪っ子さんと神戸旅行でのツーショット。
失敗も糧になる。無駄なことは一つもない姪っ子さんと神戸旅行でのツーショット。

小さい頃はどんなお子さんでした?

学級委員をやったり、ガールスカウトでいろんな活動して老人ホームを慰安したり。
なぜかクラスで「ナイチンゲール」と言われていました。そのくせ小学校時代はプールが大嫌いで、わざと見学したりしていました(笑)。
4つ上の姉がいます。私の体が大きいせいか、なぜかいつも私が姉に見られるんですけれど。

まだ幼い頃に入院をされて、学校の勉強も大変だったことでしょう。

中学、高校、大学時代も入院していたので、私にとって家族の存在は大きいものです。今、姉の子が3人いて、上から長男(高3)、長女(中3)、次男(中1)です。
皆、私を慕ってくれるので、私も彼らの面倒をよくみます。次男は小6になってから急に受験を決意し、準備期間も短かったので結果は残念でしたが、一年間頑張ったのは全然無駄ではなかったです。
現に今、公立校へ通って成績はトップクラスみたいです。一所懸命に経験したことは必ず自信になりますし、高校受験でまたチャレンジすればいい。とにかく、子どもはまず元気でいてくれればそれでいいんです。病気しちゃった私は、親不孝でしたけれどね。その分を取り戻すということでもないのですが、今は月1回旅行に連れて行ったり、外食をしに行ったりしています。

成田さんは病気になってもパラリンピックで金メダルを何個も獲得されて、世界新記録もいくつも出して。それだけでもたくさんの人に夢を与えていますし、十分親孝行をされていると思います。
ところで北京オリンピックは悔しかったですね。ロンドンへ向けて成田さんの想いは?

クラス分けの変更。それまでより障害が軽い(より体の自由がきく選手が多い)クラスに入れられたために苦戦し、北京ではメダル獲得にならなかった。

北京大会では、現地に入ってからのクラス分けテストで、一つ障害の軽いクラスに変更になりました。日本を発つ時に出場すると思っていたのとは違うクラスで、本番で戦うことになったんですね。クラスを変更された時はもちろんショックでしたし、戸惑いました。
でも、私には棄権をするという選択肢はありませんでした。パラリンピックで泳ぐために北京に来た。そして北京で泳ぐために股関節の手術をしたのですから。
泳ぐことが私の生きがいなのです。ですから、気持ちを切り替えることだけに気持ちを集中させました。
結果はすべて5位でしたが、あの時に自分にできた精一杯の結果だと思っています。
ただ、ロンドンではクラス変更を受け止めた上で、しっかりと練習を積んで挑戦をしてみたい。世界のレベルは年々上がっているので、メダルには届かないかもしれませんが、1ランク上のクラスでも覚悟を決めて練習をしたらどういう結果になるのか、自分自身が知りたいのです。
私の可能性を私が試してみたい。今から楽しみです。

ご近所の皆さんと一緒に。右後方のメガネをされているのがお母様

---ありがとうございました!
以前ある講演でお話をお聞きしてから、ずっと成田さんのことが忘れられずにおりました。念願かなって今回取材を名目にお目にかかれ本当にうれしかったです。HPもBlogもされていない成田さんですが、その魅力的なお人柄は講演などで、たくさんの方に聞いていただきたいと思います。
パラリンピックでメダルを獲得するには、ものすごく厳しい練習と強い精神力を要求されることでしょう。どうかお体に気をつけてロンドンパラリンピックで華を飾ってください。応援しています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●成田真由美さんの書籍情報

あしたにトライ―車いすの金メダル

『あしたにトライ―車いすの金メダル』
成田 真由美(著)  アリス館  定価1,365円
13歳のときに発病したひざの異常で、20回以上の入退院をくり返した著者。
交通事故でさらに左手もまひしながらも、アトランタのパラリンピックの水泳で、金・銀・銅あわせて5つのメダルを獲得するまでの不屈の記録。

夢への前進(ストローク)

『夢への前進(ストローク)』
成田 真由美(著)  講談社  定価1,365円
波瀾の半生!感動の自伝!
その半生は想像よりもずっと苦しくずっと明るい!
中学1年で発病、両足の感覚を失い絶望の淵に立ちながら、交通事故による後遺症、子宮筋腫など多くの苦難を乗りこえて、シドニー・パラリンピック女子水泳で6個の金メダル、5つの世界新記録!!車椅子の「水の女王」成田真由美、初の自伝!

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

「NPO法人東京レインボープライド共同代表理事」 杉山文野さん

次回は、NPO法人東京レインボープライド共同代表理事の杉山文野さんが登場。LGBTという言葉は知っていても、本当の意味を知る人はまだ少ないのでは?杉山さんはそんな社会を変えていくために啓蒙活動を行う若きリーダー。女性として生まれたものの、心は男性として成長し、さまざまな葛藤の末、男性として暮らすトランスジェンダー。今秋「元女子高生、パパになる」(文藝春秋社)を上梓。私たちは、どのような社会を目指すべきか?を語っていただきました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21