0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第34回 > 3
元サッカー選手日本代表 北澤 豪さん試合中の気合いはプロになってからも同じ。少年サッカー時代からポジションはMFで活躍
スポーツは「表現」だと思う試合中の気合いはプロになってからも同じ。少年サッカー時代からポジションはMFで活躍

今、指導者として子どもたちと接する立場になりました。選手時代と比べて楽しさや喜びという点で、いかがでしょうか。

できなかったことができるようになる、という体験はうれしいものです。また、幼い頃に体験した「勝った喜び」は、大人になってからも鮮明に記憶しているものです。大人になっても同じように「勝つ喜び」を味わえるのは幸せです。もちろん勝敗だけが目的ではなくて、勝つまでのプロセスがあってこその感動ですが。

ものすごく厳しい環境でサッカーを続けてこられて、「もう辞めたい」と思われたことはありませんでしたか?

小学生時代は特に強豪チームで厳しい監督でしたし、家では父がとても厳格でしたから、どこにも逃げ場がありませんでした(笑)。よく続けてこられたと思いますが、母の存在も大きかったようです。これは、つい何年か前に母に言われて気づいたことですが、「私は、あなたのことを一度も怒ったことがなかった」と。改めて振り返ると、母には本当に怒られたことがない。それは、家庭内では父が怖い立場でしたから、母がバランスを取っていてくれたのでしょう。辞めたいというのはありませんでしたが、思春期になってからは、親から何か伝えることがある時は置手紙をもらっていました(笑)。

この子は才能がある、と指導をされていて感じられることもおありと思います。どんな子が伸びると思いますか?

あきらめずに続けられる子です。例えば、サッカーのリフティングも100回続けられるようになるまで、最初は何度も失敗して続かないものでしょう。「ああ、もうできないや」と放り出してしまうか、できるようになるまで頑張って続けて練習するか。自分の限界を決めてしまうと、伸びるものもそこまでになってしまう。

なるほど。では、ゲームに勝つためにはどんな練習、心構えが必要でしょう?

僕は、スポーツは「表現」することだと言っています。つまり、練習で何をしてきたか、結果を出せるも出せないも、その人がどんな人間性かに掛かっています。予期せぬ出来事に、とっさの判断でどんな対応をするか、その人間のすべてが出てしまう。全身の筋肉を鍛えるだけでなく、心の瞬発力も鍛えることが大切です。サッカーだけでなくスポーツを通じて心身共に鍛えていると、大人になってからの考え方にも一本筋が通る。子どもたちが困難な時代でも生き抜いていけるよう、これからもサッカーを通じて応援していきます。

---ありがとうございました!
偶然と必然が重なって今がある、という言葉にとても共感しました。北澤さんのお育ちになった町田市は、私も中高生の頃過ごした街。ほぼ同世代で、卒業した中学校もご近所だったことに小さな喜びを感じました。私の息子もサッカー大好きで続けていますが、好きなことを続けていける、その気持ちを育てていくことが大事なのかな、と感じました。同世代として、これからも応援しています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

●誰でも主人公になれる、じぶん絵本。

「ぼく(わたし)と魔法のスパイク」

「ぼく(わたし)と魔法のスパイク」

※ぼく(わたし)のところに、お申込いただいたお名前が入ります。

原作: 北澤 豪   作画: 松並 良仁

販売価格: 3,000円

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ




次回予告!

元日本代表プロサッカー選手 中澤佑二さん

次回は、元日本代表プロサッカー選手の中澤佑二さんが登場。2019年1月に現役引退をするまで約30年間、2度も日本代表として選出され、ディフェンダーとして活躍。プロを目指した時から日々の練習を重ねるだけでなく、体のために食生活を変えることを意識してきた中澤選手。その知識と実践法を詰め込んだ一冊は心身を強くすることに貢献。ボンバー式「食トレ」についてじっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21