0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第19回 > 1
歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん
歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん
歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん
歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん
歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん歌って踊れる母パフォーマー 中島奏さん
女優・NHK「週刊こどもニュース」5代目お母さん
http://www.nhk.or.jp/kdns/
中島奏 (なかじま かなで)
岐阜県出身。10月3日生まれ。特技は歌、ダンス。趣味は飲酒。
「ミュージカルアクションコメディー」を目指すスーパーエキセントリックシアター所属。舞台をはじめ
、TVや映画、CMで活躍中。歯切れのいいセリフと包容力溢れるお母さんのイメージでありながら、
奥深い役柄も演じることができ、この世代では稀有な演技力をもった女優。

<TV> NHK「週刊こどもニュース」(05.4~)、月曜ドラマ「麻婆豆腐の女房」(03)/TBS「寛太です!」(03)、 「やんパパ」(02)、「爆笑深夜族」/CXディビジョン1「15歳のブルース」(05) 「離婚弁護士スペシャル」(05)、金曜エンタテイメント「神様、何するの・・・」(03), ドラマブロードウェイ「女子寮の6つの扉 208号~君こそスターだ!」(02)

<CF> H.I.S(06)、日本興亜損保(05)、とろけるシチュー(02)、三井住友VISAカード エアロビ篇(02)
専業主婦歴12年目の出会い 復活した女優魂
奏さんはかつて劇団員で、ずっと専業主婦をされていたとお聞きしました。 復活されたキッカケは何でしたか?
24歳で結婚のため劇団を一旦辞めました。
ずっと普通の主婦として子ども中心の 生活を送ってきましたが、5年ほど前に、座長(三宅裕司さん)の奥さんから電話が ありまして。
「ねぇ、一緒にダンスしない?」とお誘いを受けました。
主婦グループ「ベーキングパウダーズ」というユニットで、歌やダンスをしていました。 それぞれ家族がある身ですので、負担を掛けない程度にホールを借りて発表会 をし、好評を博して満足しまして。
20人近くいたメンバーから、最終的に数人が 残って活動を続けています。

長いこと眠っていた細胞や演劇の渇望が目覚めたのでしょうね。 いろんな方との出会いで刺激されましたか?
はい。なかでもアーティストの秦万里子さんとの出会いは大きかったです。
出会うことで感覚を共有できた。歌の弱点を指摘して伸ばしてくれたり、痛いところ
を押されて「うわ~イタ気持ちい~」みたいなツボ押しの名人です。
着眼点をあてて、笑いにもっていける才能があるんですよ。
機知に富んだところはスゴイです。
いつでも新しい歌には課題が込められていて、常に新しいことを乗り越えないと。
以前はできたのに、今できないと悔しいですしね。

そもそも女優を目指したのは、いつ頃、なにがキッカケとなったのですか?
中学はソフトボール部、高校はバレーボール部所属で体育会系でした。
練習に明け暮れている校庭の隅のほうで、演劇部が発声練習などしているのを 尻目に「なんか演劇やっている子って暗~い」と思っていました。
それが、「演劇っておもしろい!」に覆ったのは、泉ピン子さんや梅沢富美男さん、 萬田久子さん、西田敏行さんなどが出演していたあるテレビ番組のドラマシリーズ を観て、すごくおもしろかった。
そこから「私もお芝居やってみたい!」と思うようになりました。
高校3年生で進路を決めないといけなかったので、寮つきの都内の演劇学校へ進む ことにしました。

学校に通ったからといって皆が俳優になれる保障はありませんよね。
チャンスはどうやって切り拓かれましたか?
演劇学校の学生になって1年半の頃、卒業を目前にして、三宅裕司さんと小倉さん、
桑田さんのお芝居「あ!うんこついてる!」というのを観て、またまたおもしろくて
感銘を受けたんです。運よく劇団員募集のオーディションがあって受けました。
19歳で劇団員となってミュージカルアクションコメディーを演じることになりました。
お客様に見えないところでの鍛錬がすごいです。ともあれ、役者は体力です。
体力あっての気力です。
アーティスト秦万里子さんとの爆笑コラボライブは満員御礼。TVのニュースや週刊誌でも取り上げられ話題になりました



 

次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21