0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第167回 > 1

益山貴司さん

益山 貴司(ますやま たかし)

劇作家 / 演出家 / 俳優
1982年大阪府生まれ。劇団子供鉅人座長。6人兄弟の長男。同じ劇団子供鉅人に弟の益山寛司、益山U☆Gがいる。次男はアニメーション監督をしている益山亮司。 お化けと女の子に怯える幼少期を過ごした後、高校時代より演劇活動を開始し、卒業後、本格的に劇団活動を始める。2005年、劇団子供鉅人を結成。ほぼ全作の作・演出を務める。大阪では10年間 BARを経営し、様々なアーティストやミュージシャンと交流。 作風は作品ごとに異なり、静かな会話劇からにぎやかな音楽劇までオールジャンルこなす。一貫しているのは「人間存在の悲しみと可笑しさ」を追求すること。2014年より東京在住。 役者としての出演作に、NODAMAP『ザ・キャラクター』『南へ』『エッグ(再演)』などがある。2019年12月11日から15日に博品館劇場にて舞台「終わらない世界」の作・演出を務める。 »  劇団子供鉅人 公式サイトはこちら

「七人の侍」から受けたカルチャーショック。

プロフィール拝見しますと6人兄弟のご長男ということで。もうそれだけでドラマがいっぱいありそうな予感がしてます。どんなご家族でしたか?

上4人は男で、下2人は妹。女の子がほしいというので5人目産んで、女の子一人じゃかわいそうというのでもう一人(笑)末っ子とは13歳違いです。大阪の森之宮という大阪城の近くの下町で育ちました。次男は一歳違い。たぶん3歳違いの三男、おそらく6歳違いの四男。…年をあんまり覚えていないんですよ。実家はマンションでしたが、その前は文化住宅(アパート)で過ごしていて人口過密状態。だから今でも家に人がいないと寂しい。肩寄せ合って暮らしていた感があるので、劇団をやっているのかな。大家族で育ってきた原風景があるからこそ、ある意味で劇団は疑似家族というか。

環境の影響大ですね。小さな頃から書いたり、創ったりするのが好きでしたか?

父が映画好きで、しょっちゅう映画館に連れていってもらったり。祖母も芸事が好きで、ちょっとした映画とか舞台に連れて行ってもらうことが多かった。特に映画の影響が強くて、物語を考えたり、人が人を演じたり。そういうことを知らないうち刷り込まれていったように思います。

どんな映画をご覧になった記憶がありますか?

一番印象に残っているのは「七人の侍」です。小学校低学年の時に、父に夜いきなり「映画観に行くぞ」と声掛けられて。行く行く!と付いていったら、白黒で三時間くらい。そこでうけたカルチャーショック。お客さんは年配の方が多く、子どもは僕しかいなくて。今はなき名画座でのレイトショー。オトナが笑ったりワクワクしている顔をしているのを見たのが、舞台や映画や物語を創ったりする原風景。誰をも童心に返らせて、楽しい気持ちにさせる力がすごいと思いました。

ご長男の益山さんだけがお父様に連れて行ってもらっていたのですか?

いえ、他の兄弟もです。次男はアニメの監督になりましたし、三男、四男とも一緒の劇団で芝居をやっています。大阪から東京へ5年前移ってまいりました。この間はNHK連続テレビ小説「夏空」に3人兄弟で出演しました。1話には戦争をアニメで表現するシーンがあって、次男が偶然制作していた。益山四兄弟、夏空大集合でした。僕は絵を描いたり、お話を考えたりすることが好きでしたから、中学では映画を撮ったり、高校では演劇部に入ってシナリオを創って演じたり、卒業してオトナになった今も同じようなことを延長している感じですね。

長男の益山さんは一番後ろ。ひとつ違いの次男、3歳違いの三男を抱っこする父。

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督 田中悠輝さん

次回は、ドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」監督の田中悠輝さんが登場。障害者の自立生活とはどういうものか?自分を、社会を、変えていこうと奮闘する人々を見つめ、生きづらさを抱えた人が自分らしさを取り戻す姿を丁寧にカメラで追ったドキュメンタリー映画「インディペンデントリビング」。自らも介助者として働く田中悠輝さんの幼少期のお話を始め、3年間撮影した渾身の作品について、じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!予告編はこちら。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21