0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第155回 > 2
小説家 平野啓一郎さん「ドーン」(講談社文庫)人類の未来に希望はあるか?Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞作品。
受験を経て私立中学から公立高校へ。「ドーン」(講談社文庫)人類の未来に希望はあるか?Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞作品。

高校時代に初めて小説を書いた…という平野さんは、小学生の頃はどんな本を読んでいましたか?

僕は本を読むのが好きでなかったんです。ほとんど読まなかったのですが、学校では読むように推奨されていましたから、図鑑や江戸川乱歩の少年探偵シリーズが学校の図書館にあったので、そういうのは読みました。高学年になると学級文庫で日本の名作があったので、「坊ちゃん」とか読み始めました。その頃はあまり本に関心がなかった。

本以外に関心があったという小学校時代は、どんなふうに過ごされていましたか?

外で遊ぶのが好きな普通の小学生でした。小学3年生頃から「キャプテン翼」という漫画が流行りだして、それまで野球をやっていた友達が皆サッカーを始めたので僕もそうした。小学生の頃、勉強はできましたね。中学受験をして私立に進学したので、公立に行った友達よりも少し勉強はしていました。僕の行った私立は元々女子校で、当時女子は小中高とあったのですが、男子は小中のみで。高校になると他に行かないとならなかった。それで地元の公立高校へ進みました。

おもしろい経歴ですね。お勉強ができたでしょうから、何処に行っても一目置かれた存在だったのでは。

受験して入った私立中学は、ラ・サールなどの進学校へ行くために入学してくる男子が多かったのですが、僕は全然そんなつもりはなくて。8歳上の姉がその学校出身で、母も私立中を勧めていたので。勉強は、好きではなかったですが小学6年生の終わり頃に、エレキギターを買ったので弾けるように練習するのは好きでしたね。中学では何かしら部活動に所属しないとならず、文化部は地味で不気味でしたし、体育系だと卓球かテニスが楽だと聞いて。卓球は室内で暗くてユニフォームもダサかったのでテニスに…幽霊部員でしたけれど。

小6でエレキって早いですね!では中学では放課後さっさと帰宅してエレキの演奏を?反抗期とかありました?

姉が当時「ベスト・ヒット・USA」とか観ていたので音楽は影響をうけました。医者になった姉は理系の人で小説とかあまり読まないし、小説を読んでものすごく感動したとかいう話を聞いた記憶がないです(笑)。仲はいいですが、僕とは全然違います。反抗期、僕はなかったと思いますが、母親に言わせるとあったそうです。進学した私立中学がカソリック系の学校でしたから宗教の授業にはすごく反発していて、中学時代はちょっと困った生徒…ということになっていたと思います。キリスト教について、シスターの校長先生と面談で議論をしたり。中学生の頃は道徳の授業で、聖書を使っていましたから。福音書に書かれていることがおかしいんじゃないか?と納得できなくて。

[3]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

落語家 林家ひろ木さん

次回は、落語家の林家ひろ木さんが登場。一昨年春、真打となり益々活躍の場を広げる林家ひろ木さんは、人気長寿テレビ番組「笑点」で黄色のお着物で登場する林家木久扇師匠のお弟子さんのおひとり。早稲田大学在学中から落語家を目指しという異色の存在。津軽三味線を得意とする気鋭の落語家に、仕事と子育てについてじっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21