0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第154回 > 1

安田祐輔さん

安田 祐輔(やすだ ゆうすけ)

社会起業家。1983年横浜生まれ。不登校・中退・ひきこもり・うつ・発達障害・再受験など、もう一度勉強したい人のための個別指導塾「キズキ共育塾」などを経営するキズキグループ(株式会社キズキ/NPO法人キズキ)代表。発達障害によるいじめ、一家離散、暴走族のパシリ生活などを経て、偏差値30から 国際基督教大学(ICU)教養学部国際関係学科入学。卒業後、大手商社を経て2011年に「キズキ共育塾」開塾。講師の多くが挫折経験をもち、生徒の心に寄り添う指導が評判を呼び、様々な理由で学校に行けない若者やその親から問い合わせが殺到、多くのメディアに取り上げられる。2018年4月現在、全国に5校(代々木・池袋・秋葉原・武蔵小杉・大阪)。外出困難者のためにオンライン授業も展開。また、中退予防のための大学への講師派遣・研修、貧困家庭の子どもの学習支援プロジェクトなども立ち上げ、多岐にわたり若者を取り巻く社会問題を解決する活動をおこなう。»  キズキ共育塾 公式サイトはこちら

ワガママを貫ける論理的思考力。

著書を拝読して、壮絶な過去がありながら、そこに埋もれずに立ち上がる姿勢が素晴らしいなと感じました。執筆されることになったきっかけは?

依頼をいただけたというのが大きいです。学生時代に仕事をしていたマザーハウスという会社の方が出版社を紹介してくれまして。僕自身は自分のことを話すのが好きではないので、積極的に出版社に売り込む勇気はありませんでした。人前で話すのが好きな人は自己肯定感が高いんだと思います。皆が自分の話を聞きたいと思えるから、話せるわけですよね。僕は、自分の話なんか聞いてもつまらないと思うし…。本を書くにあたっては起業の「サクセスストーリー」にならないように気を付けました。そのため、書くのに時間が掛かりました。

堅実ですね、大風呂敷を広げないところも魅力です。本を書いたことでメディアにも多く取り上げられています。

メディアで取り上げられて影響があったのは講談社現代ビジネスやYahoo!ニュースです。朝日新聞系列のネットニュースでも、Yahoo!ニュースに転載されたことで、いろいろな方に読んでいただきました。そのあとの採用説明会は通常の3倍の人がきました。Yahoo!ニュースからTwitterやFaceBookに連携して情報が拡散されるのも大きいですね。

安田さん自身は何が情報源ですか?

新聞はネットで日経、朝日、毎日をちょくちょく見てます。他のネットニュースも見ますが、煽るようなタイトルをつけるサイトは苦手ですね。テレビでは、BBCを見ています。

うつを患っていたこともオープンになさっていますが、キズキを起ち上げたのは抜け出してからのことですね?真面目だから、うつになってしまう?

真面目の定義がちょっと違うのかもしれません。僕はうつを何度か患っています。大学3年生、社会人になってから。会社が大きくなってきた一昨年くらいも、うつになりかけました。繰り返すもので、「抜け出した」という感じではない。僕の場合は理想があって、それに合わないことは基本的にやりたくない。自分の基準を守っているだけかもしれませんが。例えば朝弱いので、11時以降しか打ち合わせは入れません。朝起きられないことに対して自分が卑屈になったりしない。よく遅刻もしますし。自分のペースを守りたい。そういう意味では不真面目です(笑)。

ワガママを貫けるのは並外れたパワーがないとできないし、起業には必要ですね。小学生時代はどんなお子さんでした?

論理が通っていないことは嫌だというのは小学生の頃から変わらないです。例えば、学校で読む本として、「歴史の漫画は勉強になるからいいけど、少年ジャンプは勉強にならないからダメ」というルールがありました。どっちも漫画という意味では同じなのに、勉強になる、ならないと決めつけられるのがおかしいと抗議して、ジャンプ許可権をもらった。思い通りにいかないことを変えるのが好きなので。本にも書きましたが、高校でも金髪で過ごしましたし。頭髪の色変えるのなんて、法律違反でも何でもありませんから。意味が分からないルールとかすごく苦手。論理的におかしいと思うことに従ったりできないし、自分の思い通りに過ごしたいというのが常にあります。

「髪色を変えるのは法律違反ではない」と高校時代は金髪で通した。

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

切り絵アーティスト 福井利佐さん

次回は、切り絵アーティストの福井利佐さんが登場。まるで、夏の森に迷い込んだような展示会。現在開催中「むしたちの おとのせかい」は、一般的な切り絵の概念を覆す、繊細で立体感のある表現の数々。さまざまな音色を奏でる虫のリアルさに圧倒されます。福井さんの幼少期の思い出をはじめ、切り絵の魅力についてじっくり語っていただきました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21