0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第134回 > 3
旅行エッセイスト 森優子さん娘3歳 インド。人々の親切に包まれて親子ともに楽ちんでハッピー。
子連れ旅行は期間限定のお楽しみ。娘3歳 インド。人々の親切に包まれて親子ともに楽ちんでハッピー。

ご自分が育ってきた時間を全部肯定できるのは本当に素晴らしいです。やはり子連れ旅行の経験は大きかったのでは?

生後7カ月頃から小学生いっぱいぐらいが親子で旅できる限定期間だと思っていて、自分はそれを満喫できたなあと思います。限定期間は案外短い。中学以降になると友達と出かけるようになって、子供自身の社会のほうが広がっていきますもんね。娘は3歳に行ったインド旅行が最初の記憶にあるようです。インドなんて子連れで行く国ではないという思いこみがあったので、石橋を叩き割る勢いで調べて準備したんですが、旅行中は私が娘を一度も抱っこしなかったくらい、現地の人がよくしてくれて極楽でした。アジアは子どもに対して寛容で、旅も楽。一方でヨーロッパも楽だったのは、はなっから子どもと大人の世界を分けているから。日本は、その境界が曖昧だからしんどいのかも。

限定期間に12、3カ国も親子で旅されてきたようですが、どこが一番印象的でしたか?

娘が5歳の時のスイスですね。トラベルデザイナーのおそどまさこさんが親子でスイスに行ったエッセイを読んで、カッコいい!と憧れて、まず娘をビデオや本で「アルプスの少女ハイジというのがいてな…」と洗脳するところから始めました(笑)。「ハイジのように緑のじゅうたんを駆け回りたいかい?」「駆け回りたい!」「ハイジのようにチーズを食べたいかい?」「食べたい!」…と言わせたらこっちのもの、旅先で不平不満を言えなくなりますからね。政府が主催するファームステイにも参加。荷物を持つなど5歳でも役割を与えていたこともあってか、よく覚えているようです。

親子で旅して得られるものは大きいと思います。森さんはなぜエネルギッシュに親子旅をされてきたのですか?

子連れの旅に対する反応は2種類に分かれます。「もう子どもが生まれたから旅行行けないわぁ」とあきらめている人と、「子連れ旅行なんか皆行っているじゃん」と気軽に考えすぎている人。私はどちらに対しても疑問があって、前者も後者も本当にそうなのか?をまず自分で検証してみよう!両者の間を埋めてみよう!…と思ったことが始まりです。

では、世界を親子で旅されてきた森さんから「子育てに必要な力」について、読者の皆様へメッセージをお願いします。

以前、兄弟で鍛冶屋職人をしているお爺さんを仕事で取材したことがありました。小学校も満足に通えぬまま丁稚奉公に出されて以来ずっとカンコンカンコン毎日刃物を作ってきた彼らが、すごく幸せそうに「他に職業を選択?考えたこともない」「休むと具合が悪くなるから休まない」と笑って答えられたのが印象的でした。人は時代の中で、そうせざるを得ない状況というものに直面することもある。小さな頃から「あなたが好きなことを選択していい」と親が言わなくても、誰かの思惑では変えようのない、その子が持つ力や状況の中で人生を選択していくんだと思います。英語教育はもちろん大切ですが、まずは日本語を話す、書く、読む、が基本。物の考え方を作り、アイデンティティーを構築するのは日本語体験だと、旅を通して痛感しているんです。日本語のボキャブラリーを増やすと、心の表現が増え、自分の考えや、自分がどんな人間かもわかってくると思うんですよね。

---ありがとうございました!
森さんの親子旅推奨は、頭でっかちになりがちな子育てに陥りがちな時代へ一石を投じる、とても深いことを提示されている気がします。話し始めると前のめりになって聴き入ってしまうおもしろさは天性のものでしょう。文字だけでも熱い風を感じますが、ライブで聴けるとまた、心で感じることが多々あるはず。これからの活動も楽しみにしています!

<了>
取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

森 優子 活動情報

  • 森優子が司会をつとめるトーク・イベント 【旅人の夜】。
    4月開催のテーマは、難民や空爆報道が絶えないシリア。
    平和だった頃と内戦勃発後、それぞれを知る二人の写真家をゲストに招きます。
  • 『かつて美しかった国シリアに起こったこと~2009年と2012年の間~』
  • たっぷりの写真とイラストで現地の空気を伝える。

日程 時間 会場 チケット
4/8(土) 13:00 新宿ネイキッドロフト 1,800円(当日2,000円)
+別途1ドリンク注文制

森優子のトーク★メニュー例

  • 『森優子のトーク★メニュー例』
  • ★旅ぢからを鍛える!
  •  【トラブルしらずの海外旅行術】
  • ★保護者・小~高校生向け
  •  【世界にはこんな人たちが生きている】
  • ★社会見学報告シリーズ
  •  【行ってみた、あれからのヨーロッパ】 など
  • ご依頼とお問い合わせはfacebook森優子のページでメッセンジャーからどうぞ

[1]   [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ

 




次回予告!

絵本作家/イラストレーターの松本春野さん

次回は、絵本作家/イラストレーターの松本春野さんが登場。暖かい春を感じさせるような淡い色彩。松本春野さんの描く絵本の世界観は、懐かしく、優しく、ほっこりとします。絵本作家の草分け的存在の、いわさきちひろさんが祖母という家系。ご自身も育児中のお立場で今この時代に作品へ込める想い、人とのつながりで意識していることなど、たくさんお話を伺いました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21