0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第129回 > 1

日本を代表する天才ギタリスト 木村大さん

木村 大(きむら だい)

1982年、茨城県土浦市に生まれる。5歳より父、義輝に師事、ギターと音楽理論を学ぶ。小学1年で第13回GLC全国学生ギターコンクール小学校低学年の部優勝。その後、数々のコンクールで全て優勝する。1996年、ギターのコンクールでは世界最高水準と言われる第39回東京国際ギターコンクールで見事14歳で優勝。1996年、97年2回にわたり茨城県知事賞受賞。この年バルセロナ音楽祭に招待されヨーロッパデビュー。17歳でソニーよりCDデビュー。以後3年にわたり全国リサイタルツアーやオーケストラとの共演、アルバム「カデンツァー17」「駿馬」「アランフェス」を発売。デビューアルバムが異例の大ヒットを記録し、この間『トップランナー』『情熱大陸』等テレビ・ラジオに多数出演。雑誌、新聞にも登場。日本のクラシック音楽界に旋風を起こす。2001年2月、第11回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。2002年4月より英国王立音楽院に留学、帰国第一弾として2004年3月、NHK交響楽団と3夜連続共演。アルバムに「DAI」「木村大ベスト・セレクション」「ロンドン・エッセイ」「ONE」など多数。最新作は2016年1月発売「ECHO」。 »  木村 大 公式サイトはこちら

イクメンのお父さんが師匠。

4人のごきょうだいが全員ギターをお父様に指導してもらっていたという、いわばギターの英才教育を受けてこられたのですよね?よくぞまっすぐに道を進まれた!という感慨があります。今日は続けてこられた理由などもぜひお聞かせください。生まれた頃からギターのある環境だったのですね?

おもちゃのギターは3歳頃から触っていましたが、5歳から本格的に毎日40分から1時間練習をしてきました。日常的な毎日やること。例えば歯磨きやお風呂に入るといったことと同列に練習があった。7歳上の姉、4歳上の兄も一緒でした。父はギター教室を開いていてレッスン室がありまして、いつもこの場所で練習。初めはドレミファソラシドから、キラキラ星…というオーソドックスな練習でしたね。

きょうだいの中で大さんが頭角を現したのはなぜですか?

小学1年生の時に「全国コンクールに出してみたら?」と父の知人に勧められて、特に欲もなく出場したら優勝しました。父は優勝のために練習したことは一切なかったのですが、そこから本気モードに火がついた(笑)。それ以来、ギターが純粋に好きとは言えなくなりました。ちょうど父は年齢的に40代前半で知力も体力も充実した時期。僕がエネルギーを注ぐ対象としてバッチリでした。時間を徹底させられ、放課後の遊びより練習優先…という日常が休みなく続きました。

反抗心なく従えたのはスゴイですね。練習が嫌だと思ったことはありませんでした?

その頃はなかったですね。ギターが好きというよりも、父のことが大好きでしたから。ギターをやめたら父と会話ができなくなるのでは…というのが怖かったし、他のきょうだいのことを好きになってしまうのでは…という不安もあった。一生懸命にやると父に褒められるのがうれしかった。うちの場合はギターを教えてもらうのが、親子でキャッチボールをすることと同じようなコミュニケーションでした。

お父様のことを心から大好きでいらしたのですね。お母様ではなくなぜお父様を?

幼少の頃、父はギター教室の講師として収入はあまりよくなかったのですが、母も仕事をしていたので母が父親的な存在でした。父は家事育児を一切引きうけるイクメンで、お母さんみたいなお父さん。僕にとってはパーフェクトな父で、母はそんな父の夢を支えていた。親子というよりも師弟関係で、小学3年生頃からは大人並みの練習。父は僕が弾けるまで弾かされる怖い存在で、僕は震えながらギター弾いていました(笑)。これは他のきょうだいも皆同じでした。

きょうだい3人共、ギター講師の父に習った。普段は家事育児をこなすイクメンで子煩悩であった。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

須黒達巳さん

次回は、ハエトリグモ研究者 須黒達巳さんが登場。ハエトリグモの研究者としてHPやSNSでその魅力を発信する昆虫博士。最新刊は103種も採集・撮影した「ハエトリグモハンドブック」。慶應義塾幼稚舎にて「スグモ先生」の愛称で呼ばれ理科教諭も務めます。ハエトリグモから見えてくる自然界について、じっくり語っていただきました!どうぞお楽しみに。

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21