0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第117回 > 1

阪神タイガース背番号36番 一二三慎太さん

一二三慎太(ひふみ しんた)さん

1992年生まれ、大阪府堺市出身。右投右打。東海大学付属相模高等学校ではピッチャーとして活躍、2010年夏甲子園準優勝。2010年秋阪神タイガースからドラフト2位指名を受け契約を結ぶ。肩を痛め、プロ入り後は外野手に転向。今後の活躍が期待される。 »  阪神タイガース 公式サイトはこちら

24cmもいっき伸びした中学時代。

5年前の甲子園決勝戦では沖縄・興南高校に大敗してしまい残念でしたが、今夏は後輩が素晴らしいプレーで東海大相模優勝。おめでとうございます。きょうは一二三選手の幼少期を振り返って、夢を叶えるためにどんな努力をされたか?たくさんお話し頂きます。とにかく大きくて目立ちますね。昔から大柄でしたか?

嘘みたいな話ですが、中2まで160cm足らずでひょろっとしていました。ある時、成長痛で膝が痛くて歩けんようになって、その時、母がごっつうご飯を食べさせてくれまして、3ヵ月でいっきに20cm以上伸びて184cmになった。痛くて体を動かせなかった期間は野球ができなくて、それを境に体が変わり、投げた球がいきなり140km超えるように。でも、急に大きくなったもので骨もついてこれなくなり肘を壊したり腰を痛めたり怪我ばかりで、休み休みの野球でした。要所要所で投げては休み投げては休み…で全国大会出場などもできましたが全試合で投げてはおらず、いいとこ取り(笑)。小中学校時代は怪我が多かったです。

急激な成長…まるで脱皮みたいですね。小学生時代からリトルリーグで活躍されていたのですね?

野球するならピッチャーがカッコエエなぁ~と思って、小2から軟式野球を2年間、週末だけ楽しんでやっていました。放課後は外で遊びまくる小学生。小4になって硬式野球を始めました。その頃から「プロ野球選手になる!」と決めていた。でも肘を壊して監督から見放されてしまい…「こんなところおったらアカン」と思いたち、ボーイズリーグへ移って本気で野球をやってみたいと親に話して、小5からジュニアホークスへ入団しました。ここはお父さんコーチではなく、野球経験者がコーチや監督で戦略的指導もされ、入団テストもあり少数精鋭。自主的に練習することを覚えました。

小学生時代から強い意思で環境を選べたのはすごい才能です。その後、野球の名門校へ進学。大阪府内の学校でなく関東へ行かれたのですね?

大阪では高校で野球をするならPL学園か大阪桐蔭と言われていましたが、ボーイズリーグの監督が東海大相模に知り合いがおって、推薦をしてくださった。相模では1年生からベンチ入り、2年生から投げさせてもらいました。小中学校では怪我と練習を交互にして体ができていなかった。高校での練習は毎日キツクて、最初は肉離れなどもありましたが、1年生終わる頃には怪我もしなくなってきました。親元離れての寮生活は自分で何でもやらねばならなかったので、すごく成長できた。一人息子をよう出してくれたなぁ~と親にも感謝しています。風呂は先輩から入るのが鉄則で、1年生の頃は浴槽が泥だらけでひどかったですが…(笑)。

スタメンは9名、ベンチ入りするもの大変で、応援席で声援を送るメンバーのほうが多いと思いますし、野球が好きでも脱落する仲間もいたと思います。そういう中で先頭にたって投げるというプレッシャーはものすごかったのでは?

いや全然プレッシャーは感じなかったです。『俺やったらイケるんじゃないかな?』という変な自信があったから投げていたし、結果的に押さえることができた。ただ2010年夏、甲子園での沖縄興南高校との決勝戦は圧倒されました。どう投げても打たれると思ったし、スタンドが興南応援のオレンジで埋め尽くされているように見えました。観客がどのくらいいても普段は気にしないのですが、あの時だけは守備についていたメンバーも顔がひきつっていました。目に見えない何かに飲みこまれてしまって……あの時だけは、すごかったです。

軟式野球を始めた小2当時。週末プレーする野球が楽しくて仕方なかった。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

社会起業家 安田祐輔さん

次回は、社会起業家の安田祐輔さんが登場。不登校・中退者の進学塾「キズキ共育塾」は、発達障害・うつ・ひきこもり…暗闇にいる多くの若者たちが一筋の光を求めて来る。幼少期から傷だらけの過去を財産に、自身の道を切り拓いてきた安田祐輔さん。これからの教育とは?新しい事業とは?じっくりお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21