0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第111回 > 1

プロレスラー 蝶野正洋さん

蝶野 正洋 (ちょうの まさひろ)

1963年9月17日生まれ。東京都三鷹市出身。
1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、越谷市民体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはnWoジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成。2010年2月に新日本プロレスを離れてフリーとなったが、いまなお絶対的な存在感を放ち、黒のカリスマとして、プロレス界に君臨し続けている。
現在はリング以外にも活動の幅を広げ、CM、TV、イベントに出演。2010年4月には自身初となるビジネス本『会社に負けない喧嘩の仕方』を執筆。現在は携帯サイト『ニッカン★バトル』では独自の視線で世間を斬るコラム、デイリースポーツ新聞社でサッカーコラムを持つなど、多方面で活躍している。1999年12月にはマルティーナ夫人と二人三脚のブランド「ARISTRIST(アリストトリスト)」を設立。デザインコンセプトはブラックを基調とし、「ストリート・フォーマル・ファッション」をキーワードにアパレル以外にもサングラスから靴までトータルデザインを手掛けている。最近は救急救命啓発活動、AIDS予防啓発活動に力を入れている。2010年9月には東京消防庁から救急医療活動への協力が評価され、消防総監感謝状を受け取り受領。2011年度の春の少年非行防止ポスターに起用され、警視庁生活安全部からは少年の健康育成や非行防止への協力的な活動を評価され、感謝状の贈呈を受けている。 »  蝶野正洋さん 公式サイトはこちら

小学生時代から腕相撲全勝のヒーロー。

蝶野さんに憧れる男性陣がとっても多いので、きょうは普段の姿からはわからない魅力をお聞かせ頂きます。プロフィール拝見しますとシアトル生まれとなっていますが、どんな幼少期をお過ごしでしたか?

製紙会社でサラリーマンをしていた親父の転勤でアメリカのシアトルで生まれました。上に6歳上の兄、4歳上の姉がいて、3人きょうだいの末っ子で甘えん坊。親の目もあまりうるさくなくて(笑)、自由に過ごしていました。2歳半の時に帰国して社宅のあった川崎に住みました。当時流行っていた幼児用の足こぎ車が大好きで、ずっと乗りまわしていたので、ついたあだ名は「豆ダンプ」。その後は渋谷区へ引っ越し。ここはエリート層が住む土地柄もあって教育熱心で、小3の頃からバスを乗り継ぎ、算数専門の塾に通うようになりました。小学校4年生から今度は一軒家ラッシュの三鷹市へ移転しました。

高度経済成長期が背景の子ども時代ですね。算数専門塾、しかもバスを乗り継いで通う…というのもすごくレアなことだったのでは?

兄も姉も中学受験をして私立の中高一貫校へ通っていたので、俺も受験させるつもりで親の意向で通っていました。進学塾に入るための対策塾みたいなところで100人位の子どもが勉強して、成績順に座らされた寺小屋。今で言う公文のような勉強法で少し先のレベルを勉強するものだから、転校先では小学5年生の頃、算数で学年で1番を取ったりして一目置かれる存在に。塾に行かなくなったら成績が急降下しました(笑)。三鷹市では腕力の強さを問われて、たくさん腕相撲を挑まれたけれど全勝でした。

体格も大きくて、腕力も強くて、頭も良い、、、となったらリーダー的な存在ですよね。塾以外の習い事は何かされていたのですか?

自分から喧嘩を仕掛けるのではなく、友達の喧嘩を助けに行くタイプでした。当時はスポーツができるのがヒーロー。幼稚園時代に初めて習い事に通ったのは水泳教室。小学校に上がってから剣道もやっていたかな。すごく嫌だったけど、親に勧められて仕方なく通いました。どちらも1年くらいは真面目にやっていた。あまり好きでなかったので長続きしなかったけどね。当時住んでいた渋谷区は、教育熱心な家庭が多く、子どもに習い事をさせるというのも割と盛んでした。

地元の中学校へ進まれたのですか?

うちは兄と姉は中学受験をして私立中高一貫校へ通っていたので俺もそうしたんですが、私立中を落ちちゃったもので、地元の中学校へ進みました。家庭の中で初めて公立中学へ行くのが俺で、両親も地元の事情がよくわかっていなかったのだろうね。その頃、一番悪いと評判だった地元の公立中学へ通うことになって。タバコを吸ったり、他校へ殴りこみに行ったり…そういう不良が俺にとってはあまりカッコいいとは思えなかったし、サッカー部に入って球を蹴っていた。そうこうしているうちに中学2年になる頃、新設中学に分校されて、少し環境は変わりました。

[2]を読む  

[1]  [2]  [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

バルドラール浦安デフィオ監督兼選手 泉洋史さん

次回は、バルドラール浦安デフィオ監督兼選手の泉洋史さんが登場。デフィオは障がいの有無や種類に関係なく多様なメンバーが一丸となり一般リーグで本気で戦うフットサルチーム。聴こえないからこそできる。不自由だからこそ挑戦できる。監督兼選手として活動する泉さんにチームが目指す熱い思いを語って頂きました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21