0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第184回 > 1

きじまりゅうたさん

きじまりゅうた

料理家
1981年東京生まれ。祖母は料理研究家の村上昭子、母は同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむようになる。立教大学卒業後、アパレルメーカー勤務を経て、料理研究家の道を目指す。杵島直美のアシスタントを経て独立。趣味はサーフィン、ブラックミュージックを中心とした音楽鑑賞。 現在、書籍、雑誌、Web、テレビを中心に活動中。NHK「きじまりゅうたの小腹すいてませんか?」にレギュラー出演中。»  きじまりゅうた 公式サイトはこちら

僕がしているのは料理の幅を広げること。

NHKの番組『きじまりゅうたの小腹すいていませんか?』も拝見しています。コロナ禍となって約1年が過ぎますがお仕事にどんな影響がありますか?

かなり影響が大きくテレビのロケ、地方のロケも全てなくなりました。NHKの番組では、本当に一般のお宅へお邪魔して冷蔵庫の中の残り物で“小腹を満たすメニュー"をアドリブで作るんです。お邪魔させていただく方をスカウトするのも僕の役目。毎回テーマがあって、ねらいに合うターゲットを見つけるのに3日掛かったこともあります。でもコロナ禍でそうした方法が難しくなって、スタジオにゲストのお宅にある冷蔵庫を再現して、料理を作るスタイルになりました。こうした企画は、おうち時間の増加で自炊する人も増えたので、料理レシピをもっと知りたい方が多くなり、ありもので料理するモチベーションアップにも役立っているようです。

見ているだけでおいしそうですぐ試して作りたくなる手軽な感じがいいです。お料理のプロに囲まれてお育ちで、小さな頃からおいしいものをたくさん召し上がっていらした?

そうですね。食べ過ぎて小学2年生の頃は肥満児。健康診断で要注意のハンコを押されていました。朝から納豆ご飯をたべて、納豆臭い!と一つ上の先輩にいじめられ、ショックでしばらく朝食が食べられなくなったりしたこともありました。祖母は漬物がうまかったので、漬物を大量に撮影することになると、しばらく漬物だけでご飯食べたりなんてことも。

子どもの頃からおいしい漬物を召し上がることができたなんてうらやましい環境です。

ぼくが産まれた80年代は日本の景気も良く、雑誌や書籍の仕事がたくさんあって週5日は自宅がスタジオを兼ねているような状態。ひっきりなしにカメラマンや編集者とか、いろんな大人が出入りをしていた。僕は一人っ子で、大人の顔色を見てモノが言える子どもでしたね(笑)。その場で誰が一番偉くて、その人に何を言えばどうなるか、など瞬時に判断できるような。周りの同世代の友達が年下の子に見えていましたから(笑)。

大人に囲まれていた分、賢かったのですね。料理家のバトンを3世代にわたって受け継がれているわけですが、どのような思いでお仕事されていますか?

それぞれ時代と共に料理家の役目を担ってきているように思います。70年代に料理家として始めた祖母は、シェフや海外経験のある一部のセレブがお料理を教えて差し上げるという時代で、いわゆる「おふくろの味」を提唱していました。そして一人娘の母は90年代に料理家となりましたが、時代の流れと共に女性の社会進出があり、仕事をしながら家事もするのが一般的になり時短レシピが求められるようになった。そして僕が今しているのは、男女問わず料理の幅を広げることだと思っています。

自宅兼スタジオで大人の出入りが多く、機転の利く賢い幼少期。

[2]を読む  

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

歌人 俵万智さん

次回は、歌人の俵万智さんが登場。デビュー作である歌集『サラダ記念日』は280万部のベストセラー。代表的な短歌【『この味がいいね』と 君が言ったから七月六日はサラダ記念日】では何気ない日常を短歌にし、身近な視点から感情の機微を伝えた。デビュー作から33年経ち、昨年出版した歌集「未来のサイズ」で歌壇の最高峰とされる迢空賞を受賞。世相も織り込む三十一文字で表す豊かな世界、子育てで感じた思いなどお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21