0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」 0歳のお子様から始める!子供専用のスクール・塾・教材・幼稚園を探せる、口コミ&比較検討サイト「子供の習い事.net」  
 
0
ログイン・会員登録
トップ スクール・講座(教材)を探す シリーズこの人に聞く 特集・口コミ
kodomononaraigoto.net
子供の習い事トップ > ブログ・コラム・特集 > シリーズ・この人に聞く!第152回 > 3
元横浜高校野球部寮母 渡辺元美さん幼少期の元美さんと野球に捧げてきたお父上の渡辺監督。
継続は力なり、習い事を日常の一部に。幼少期の元美さんと野球に捧げてきたお父上の渡辺監督。

お父様が渡辺監督というご家庭で、子ども時代はどんな風にすごされてきました?

父は整理整頓ができていないと捨ててしまうので、姉と私はいつもなくなったモノを泣きながら探しにゴミ箱を漁っていました(笑)。姉は長女なので割と何でも厳しく言われていましたが、私は比較的やりたいように過ごさせてもらいました。とはいえ私の高校時代は何も考えていませんでしたね。軟式テニス部に所属して、好きな男子の話でキャーキャー同級生と話をして。目標のある横浜高校野球部の子と比べると…気楽に過ごしていました。

問答無用で捨てる!スパルタはいいですね(笑)。幼少期は何か習い事を?

母が習わせたくて通い始めたのですが、幼稚園の年長さんから三味線とお琴を習いました。実はこの2つの教師免許を持っています。習うのが日常で、やめたいと思ったことは多少なりともありましたが35歳になるまで続けてきました。そういう力が、いろいろなことにつながっていると今は思います。人前で何かすることがどちらかというと苦手でしたが、発表会などの経験を踏むうちに恥ずかしい思いも払拭されました。

すごい!継続は力なりですね。野球部精神が元美さんにも宿っていたのでは?

私は勉強もスポーツもそれほど得意ではなく目立たないタイプでした。引っ越しが多かったことも影響しているかもしれません。選手と共に日常生活を送れたことはよかったと思います。挨拶や習慣。当たり前のことですが、靴はきちんと揃えて脱ぐとか、部屋の掃除をするとか。息子も小中学校の時は、家で私が口うるさく伝えてきましたが、高校で寮生となってからガラリと変わりました。

技術面だけでなく生活面を律する心があってこそ、勝つ力がつくのですね。では、野球をはじめ習い事を始める親にメッセージをお願いします。

何か始める時の入り口は、親が習わせたいこと、子どもが習いたいことの2つあると思います。私はお琴や三味線を自分で習いたいと思って習ったわけではありませんでしたが、こんなに続けられると思っていませんでした。入口は根拠があるならどちらでもいいと思います。意味があって習わせていることなら習慣づけにもなります。息子は野球が大好きで、勉強はあまり好きではありませんでしたが、勉強をしてこその野球という私の方針で塾に週3回通いました。渋々だったこともありますが、それでも今はよかったと思っています。甲子園は、いろんな人の想いを背負って選手は出場しています。野球のプレイだけでなく、選手一人ひとりの背景に想いを馳せて、これからも応援したいです。

---ありがとうございました!
平成最後の夏は、観測史上一番暑かったといいます。毎日酷暑の中で繰り広げられた甲子園での熱戦の数々。マウンドに立つ球児たちには支える家族や先生、寮母さんの存在があります。控えめでありながら筋の通った元美さん。息子さんもお母さんそっくりでクールで涼し気なのに目力強く容姿端麗。22年間一度も倒れずに寮母として選手を支えてきたパワー。野球の神様が付いているのかも!次は取材ではなく、続編をもっとお聞きしたいです!

2018年8月取材・文/マザール あべみちこ

活動インフォメーション

渡辺 元美 書籍紹介

甲子園、連れていきます!: 横浜高校野球部 食堂物語

  • 甲子園、連れていきます!: 横浜高校野球部 食堂物語
  • 渡辺元美 著
  • 徳間書店
  • 定価 1,404円(税込)
  • 発売日 2018/6/21
  • グラウンドで活躍lする選手もいれば縁の下の部員もいる。陰で支え続けた寮母にしか見えてこない球児たちの素顔。本書は野球ばかりではなくすべてのスポーツに打ち込む子どもとその家族を元気づけるビタミン栄養剤だ!

[1] [2] [3]

このページのトップへ

バックナンバー一覧へ



次回予告!

ダンサー 森山開次さん

次回は、ダンサーの森山開次さんが登場。演劇・映画・写真作品等幅広い媒体での身体表現に積極的に取り組む森山開次さん。世代を超えて楽しめるダンス作品2015年『サーカス』で大好評を得て、今夏は第二弾『NINJA』(忍者)を公演予定。大好評につき追加公演決定という注目の舞台。表現の源についてお聞きしました。どうぞお楽しみに!

子供の習い事コラム ママの失敗談
Copyright ©JP21